NPO団体 企業紹介

終活総合支援センター

投稿日:

(定款に記載されたの目的)

終活総合支援センターは、広く一般市民を対象として、高齢化社会における認知症・介護に関する情報、人生の終末における準備に関する情報提供および啓発に関する事業を通じて、高齢者とりわけ視覚障害者・聴覚障害者・言語障害者・知的障害者の方々が希望する自分らしい人生の終末およびその後の円満な財産承継の支援に努めることで、高齢者とその家族に安心をもたらし、もって市民の暮らしの安寧およびその増進に寄与することを目的とする。

終活総合支援センター
事務所所在地東京都新宿区歌舞伎町一丁目2番3号 レオ新宿4階14号室
URL
代表者氏名松永 忠雄
設立認証年月日2016年02月08日
活動分野社会教育/環境の保全/人権・平和/経済活動の活性化

事務所地図

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

人の死を看取り、弔い、葬ること 1

葬送の原点を現代社会のなかで問うてみよう。 データは最新データに基づいている。 ある病院の改革 今、自宅で死亡する人は13%前後。残りは病院や施設である。 1955(昭和30)年には自宅での死亡が76 ...

2

  葬送に関する基礎用語を整理しておこう。 現代社会と死 多死社会 2017年人口動態統計(確定数)では、出生数が946,065人(1980年は約157万人)、死亡数が1,340,397人( ...

-NPO団体, 企業紹介

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.