企業 新着ニュース セミナー・イベント・資格・書籍

無口な少年がアルバイトを始めたのは、花言葉を「言霊」にしてしまう、葬式専門の“魔女”の花屋だった……。第2回本のサナギ賞大賞作家・百舌涼一待望の最新作発売!!

投稿日:2017年7月14日 更新日:

ディスカヴァー・トゥエンティワン

この度『フラワード 弔い専花、お届けします。』がディスカヴァー・トゥエンティワン(取締役社長:干場 弓子、本社:東京都千代田区)より発売されました。

「あなたが死んだら、誰が笑ってくれますか?」
花言霊屋アルバイト(18歳・男性)

大好きな祖母と、大嫌いな母を亡くした継実(つぐみ)は、無口すぎてどこでも働けず、生活に困っていた。そんなある日、喋らなくても会話ができる“自称魔女”の琴花たま子に出会う。彼女が店主の花屋でアルバイトをはじめた継実だが、そこはただの花屋ではなく、「葬式専門」の花屋。しかも、たま子が「花言霊」を込めた特別な花を届ける、花言霊屋だった。

第2回本のサナギ賞で大賞に輝いた『ウンメイト』の著者、百舌涼一氏による待望の最新刊が文庫で登場です。

■本のサナギ賞とは
「本のサナギ賞」は、作家・書店・出版社が一丸となって取り組む、新しいエンタメ小説新人賞として、2014年に設立されました。最大の特徴は、本が大好きな「本の虫たち」=現役の書店員さんに、「世に出したい!」と期待を込める新人作家の原稿を、「本のサナギ」として選考してもらい、大賞ならびに優秀賞を決めることです。

大賞は新人作家のデビュー作としては異例の初版2万部にて書籍化し、書店員さんと営業担当、作家が力を合わせ読者の方へ届けます。最終的に「本のサナギ賞」はサナギからの羽化、すなわち業界を代表するようなベストセラー新作・新人作家の輩出を目指しています。

【著者プロフィール】
百舌涼一(もず りょういち)
1980年生まれ。大学卒業後、広告制作会社に就職。コピーライターを生業とする。『ウンメイト』(旧題『アメリカンレモネード』)が第2回本のサナギ賞大賞を受賞し、小説家デビュー。

【書籍情報】
タイトル:フラワード 弔い専花、お届けします。
定価:800円(税抜)
発売日:2017/07/12
判型:文庫判・ソフトカバー /360ページ
ISBN:978-4-7993-2123-2
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
ディスカヴァーサイト:http://www.d21.co.jp/shop/isbn9784799321232

【販売サイト】
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4799321234
楽天ブックス:http://books.rakuten.co.jp/rb/15037663/
セブンネット:http://7net.omni7.jp/detail_isbn/9784799321232
ディスカヴァー・トゥエンティワン:http://www.d21.co.jp/shop/isbn9784799321232

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, セミナー・イベント・資格・書籍
-, , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.