企業 新着ニュース その他

230年間受け継ぐ秘伝の洗浄液で仏壇を丸洗い!?今夜9時の和風総本家では、日本をキレイにする職人たちのスゴ技を大公開!

投稿日:2017年12月14日 更新日:

 

毎週木曜日よる9時からテレビ東京系列で放送中の「和風総本家」(テレビ大阪制作)。「ニッポンっていいな」をテーマに、日本の素晴らしさを再発見する番組。

テレビ大阪
12月14日(木)夜9時からは和風総本家「掃除のお値段 日本をキレイにする職人たち」。日本をキレイにする様々な職人に密着し、その驚きの値段にも注目する新企画。出演は萬田久子さん、東貴博さん、モト冬樹さん、湯江タケユキさん、はるな愛さん。司会は増田和也アナウンサー。

今年も残りわずか。身近なものから予想外のものまで、綺麗に仕上げる掃除の技とそのお値段を、幅広くご紹介!

明治を代表する女流作家「奥原晴湖」が描いた120年前の掛け軸。汚れの原因は、雨漏りによるシミ。この道44年のベテラン職人が貴重な作品を大胆に洗浄液に浸けこむが・・・果たして長年のシミを除去することはできるのか?

香川では創業1781年の老舗仏壇店の仏壇丸洗いに密着!色あせた金箔や漆を見事に蘇らせるのは、230年間受け継ぐ秘伝の洗浄液。キレイになった仏壇を見た依頼者家族の反応は?
 

雨水や風化ですっかり汚れてしまった依頼者宅の門。35年前の結婚をきっかけに建てた立派な白木の門だが、こちらに挑むのは掃除の大手企業2000人の中でわずか3人しかいない「白木匠」というライセンスを持つ凄腕の職人。匠よる仕上がりを見た依頼者夫妻は「孫が嫁ぐときにこの門から出て行ってくれるのが夢」と語った。

 

 

その他、温泉の大浴場の頑固な汚れを掃除するプロ集団、1個30円でスーパーの買い物カゴを洗う工場、1脚2000円でオフィスチェアの汚れを落とす職人、特殊な掃除機で学校の体操マットや跳び箱を洗浄する業者などにも密着! 普段決して見ることの出来ない、掃除のプロによるスゴ技の数々をお見逃しなく!

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, その他
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.