企業 新着ニュース 業務提携・買収・新店オープン

国内最大級の金融・経済メディアを運営する株式会社ZUUと連携 メディア・プラットフォーム「(仮称)相続online」の開設へ

投稿日:2018年6月22日 更新日:

ハイアス・アンド・カンパニー
ハイアス・アンド・カンパニー(本社:東京都品川区 代表取締役社長:濱村聖一、以下「ハイアス」)は、国内最大級の金融・経済メディアZUU onlineを運営する ZUU(代表取締役:冨田 和成、以下「ZUU」)との協業により、全国の加盟企業とともに展開する「不動産相続の相談窓口」事業において顧客構造の構築を加速するためメディア・プラットフォーム「(仮称)相続online」の開設、運用に取り組みます。

ハイアスは、日本最大級の金融・経済メディア「ZUU online」を運営する ZUU と連携することで、デジタルマーケテイングの機能を強化し、全国の会員企業の活動を通じた財産相談分野でのプレゼンスを高めます。

「(仮称)相続online」は、家族の資産管理、継承において税理士や金融機関によるアドバイスを受けるような多額の資産を保有する資産家だけでなく、一般のご家族も相続に関する学びや気づきを気軽に得ることができ、資産承継に向けて行動できる社会の創造を目指します。本サイトは、合理的で家族の幸せのための相続や資産管理に関するコンテンツの配信を予定しており、8月初旬に開設し、1年後には月間50,000PV獲得を目指します。

ハイアスが運営する「不動産相続の相談窓口」ネットワークは、全国約170社の住宅・不動産会社で構成され、全国各地で相続相談に応じています。家族の所有する資産の活かし方や引き継ぎ方を考えるうえで、家計資産の多くを占め、評価方法や活用方法において専門的な知識を必要とする「不動産資産」をいかに扱うかは重要です。各地の「窓口」では相続について一般的な知識と、不動産を含めた資産運用・継承の考え方を伝える「相続勉強会」を開催し、相談者に対して財産分析等を行ったうえで不動産の活用等のサポートを行っています。

日本では近い将来、膨大な量の資産が次世代に移転する「大相続時代」が控えています。しかし相続や資産継承に関する必要な情報やリテラシーを持つご家族及び専門家は多いとは言えず、しかも一般家庭の資産相談に応じる社会的インフラも整っていません。生前の相続準備において代表的な遺言書の作成件数も近年増えているとはいえ、まだ年に13万件程度(※)にとどまっており、決して一般的になっているとは言えません。相続について、多くの方は問題が顕在化するまで行動を起こしていない状況です。
(※)遺言公正証書作成数、および家庭裁判所での自筆証書遺言の検認件数

「(仮称)相続online」の開設により、相続についての幅広い知識を得る場をつくり、各地で開催される勉強会や個別の相談会とあわせて検討の機会を提供することで行動を促し、相続問題の解決を目指します。

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, 業務提携・買収・新店オープン
-, , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.