エンディング産業展2019

沖縄海洋墓標会 第5回エンディング産業展 出展企業紹介

投稿日:2019年8月21日 更新日:

沖縄海洋墓標会2019年8月20日~22日開催の第五回エンディング産業展でブース出展されている企業様へ、葬研編集部がインタビューを実施しました。写真でブースの雰囲気や紹介されている商品やサービス、社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商品やサービスについて

墓石製造、墓石販売/ 海洋墓標・海洋散骨業務/ 港湾業務船の運航業務。海洋に墓標(散骨を含む)を希望される方々に人工的に加工した固形碑「エルカ」(商標名)に故人の名を記し、墓標として沖縄の蒼い海へ安置する海中のメモリアルを計画。日本で初の画期的な主旨の「創生活活性化特別支援事業」として起業。

第五回エンディング産業展で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

サンゴを原料とした漆喰(消石灰)で製作した墓碑エルカ(特許申請中)に粉末化したご遺骨を収め、表にお名前を記し「海洋墓標」として海洋に葬送。エルカの原料である沖縄風化造礁珊瑚は数ヶ月で海中溶解する。

他社との違いや今後の予定・目標

もともとは2年前、異業種のゴルフ仲間が「残された家族にお墓の迷惑をかけたくない」と話し合ったことで誕生した。「単に遺骨を海に流すだけでなく、墓としての重みも欲しい」という気持ちもかなえることができ、溶解するので環境に負荷もかけない。「墓は持ちたくないが、自宅にあるお骨をどうにかしてあげたい」という方に認知させていきたい。いずれは散骨した場所に記念碑を立て、残された家族が海を眺めながらお参りできるようにしたい。

 沖縄海洋墓標会
http://kaiyoubohyoukai.com

---
第5回エンディング産業展【in 東京ビッグサイト】レポート(2019年8月20日~23日開催)もぜひご覧ください

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-エンディング産業展2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.