昭和書体 第五回エンディング産業展 出展企業紹介

昭和書体

昭和書体

2019年8月20日~22日開催の第五回エンディング産業展でブース出展されている企業様へ、葬研編集部がインタビューを実施しました。写真でブースの雰囲気や紹介されている商品やサービス、社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

目次

業務概要・取扱い商品やサービスについて

昭和書体昭和書体は、PCフォントの制作・書体ソフトの販売を手がけている。毛筆の書体はすべて自社オリジナルのもの。一文字一文字書き上げた直筆のフォントが魅力。菓子パッケージやテレビのテロップなどに使用されている。

第五回エンディング産業展で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

筆文字を専門とするフォントで、直筆で書いたような自然なが魅力。墓石や、葬儀会場の入り口に貼り出す紙に毛筆フォントを使用することで、印刷には出せない味のある文字が表現できる。フォントワークスと提携し、利用の幅も広がっている。

他社との違いや今後の予定・目標

毛筆フォントは、書家「綱紀栄泉(つなのりえいせん)」の書き綴った毛筆諸本をデジタル化したものである。 看板屋であった綱紀は約50年にわたって看板の文字を直筆で作成。現在は昭和書体の専属書家としてあらゆるニーズに対応している。 「2020年のオリンピックに向けて外国人の方に和の文化、筆文字の文化をもっと知ってほしい」という意向。

昭和書体
http://www.koueisha.ecnet.jp/

---
第5回エンディング産業展【in 東京ビッグサイト】レポート(2019年8月20日~23日開催)もぜひご覧ください

月額3万円から始めるHP運用 葬儀屋JP
  • URLをコピーしました!

カテゴリ最新記事

人気のキーワード

Twitterのコメント

総合ランキング

目次