エンディング産業展2019

テンマック 第5回エンディング産業展 出展企業紹介

投稿日:2019年8月22日 更新日:

テンマック 花供養2019年8月20日~22日開催の第五回エンディング産業展でブース出展されている企業様へ、葬研編集部がインタビューを実施しました。写真でブースの雰囲気や紹介されている商品やサービス、社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商品やサービスについて

テンマックはアイスフラワーアカデミーを全国に展開しており、「花供養墓ーMUSUBI」の製造販売等も手がける会社。アイスフラワーの加工を専門とする同社は、これからの手元供養時代を見すえ、家庭での供養を考えて考案されたのが納骨仏壇「花供養墓ーMUSUBI」となる。

第五回エンディング産業展で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

テンマック 花供養

今回のイベントでは、仏壇とお墓の一台二役「花供養墓」を特に売り出していきたいとのことだ。ポイントの一つとして、生花を特殊加工することによって半永久的に保存することが出来るということが挙げられる。もう一つのポイントとしては、「墓じまい」の増加を受けて需要が高まっているという背景がある。

他社との違いや今後の予定・目標

「手元供養」は、昨今特に関心が高まっている、新たな供養の方法である。そうした中で、生花を半永久的に保存した「花供養墓」は、仏壇に改めて花を手向けるということを必要としないという意味でも、経済的にお得であるともいえよう。また、生花特有の風合が感じられる「花供養墓」は、従来の仏壇とは異なり、家庭のインテリアにも馴染みやすいデザインである。故人をより身近に感じることが出来るだろう。

テンマック
https://hana-kuyobo.com

---
第5回エンディング産業展【in 東京ビッグサイト】レポート(2019年8月20日~23日開催)もぜひご覧ください

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-エンディング産業展2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.