エンディング産業展2019

兼松仏具 第5回エンディング産業展 出展企業紹介

投稿日:2019年8月22日 更新日:

兼松仏具

2019年8月20日~22日開催の第五回エンディング産業展でブース出展されている企業様へ、葬研編集部がインタビューを実施しました。写真でブースの雰囲気や紹介されている商品やサービス、社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商品やサービスについて

兼松仏具は、愛知県名古屋市に拠点を持つ刺繍製品・金襴製品を扱う会社である。

第五回エンディング産業展で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

今回のイベントでは、兼松仏具のもつ高い技術力を広く知ってもらうことを目的に出展を決めた。同社の一番の特徴は、高品質な刺繍製品である。自社に手技の職人や手ミシンの職人を抱えていることから、外注をすることなく高品質な刺繍製品を作り出すことが可能である。また、自社に職人を抱えている為、修理修復も可能である。さらに、コンピュータミシンも取り揃えており、どのような刺繍製品に対しても対応が可能であるというのは、かなり大きな強みである。

他社との違いや今後の予定・目標

特に寺院用打敷は、繊細な模様が描かれていることから、製作にも、修復にも高い技術を必要とする。また、そういった寺院用など決められた模様を印字することにとどまらず、自らが刺繍したいデザインを具体化することも可能である。スケッチのようなものから刺繍を作ることができるのは、高い技術が必要不可欠である。

 兼松仏具
http://www.kanematubutugu.com

---
第5回エンディング産業展【in 東京ビッグサイト】レポート(2019年8月20日~23日開催)もぜひご覧ください

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-エンディング産業展2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.