エンディング産業展2019

中村節朗石材 第5回エンディング産業展 出展企業紹介

投稿日:2019年8月21日 更新日:

中村節朗石材2019年8月20日~22日開催の第五回エンディング産業展でブース出展されている企業様へ、葬研編集部がインタビューを実施しました。写真でブースの雰囲気や紹介されている商品やサービス、社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商品やサービスについて

中村節朗石材中村節朗石材は、香川県で採れる庵治石の採掘から加工・販売までを行なっている会社である。 庵治石は「日本で一番高い石」と評されるほどで、品質を保つために掘削したうちの約1%しか製品にならないという。 粒子のキメが非常に細かいことで、表情豊かな彫刻表現が可能であることが庵治石の魅力だ。 石だけでなく、その加工に使われている技術も合わせて非常に高いレベルにある。

第五回エンディング産業展で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

今回の出展の主な目的は、小売業者に対する庵治石のPRである。庵治石の魅力をより多くの人に知ってもらうために、掘削地を写し取った巨大なパネルから墓石や手元供養のグッズまで、幅広くブースに取り揃えている。

他社との違いや今後の予定・目標

近年需要が高まっている手元供養に対応し、洗練された装飾が施された『nagi』など、自社生産の商品がすでに開発されている。 今後の展望としては、これからますます変化していく供養の形に柔軟に対応していくことを挙げており、様々なチャレンジに挑む予定だ。中村節朗石材

中村節朗石材
http://www.aji-ishi.com

---
第5回エンディング産業展【in 東京ビッグサイト】レポート(2019年8月20日~23日開催)もぜひご覧ください

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-エンディング産業展2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.