企業 新着ニュース 商品情報

日比谷花壇 × 伝統的工芸品 伝統的工芸品「熊野筆」と アーティフィシャルフラワーとのセット商品 日比谷花壇ブランドの一部店舗で販売

投稿日:2017年11月2日 更新日:

日比谷花壇

日比谷花壇(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮島浩彰)は、広島県安芸郡熊野町の伝統的工芸品「熊野筆」とアーティフィシャルフラワーとのセット商品「JARDIN de BEAUTE」(税込10,260円〔本体価格9,500円〕)を、日比谷花壇 日比谷公園店で販売しています。11月4日(土)からは東京都内の日比谷花壇ブランドの一部店舗でも販売を開始します。 (http://hibiya.co.jp/ifeel/graphic/#kumanofude

「JARDIN de BEAUTE」は、広島県安芸郡熊野町の伝統的工芸品の「熊野筆」のしっとりと柔らかな粗光峰(そこうほう100%※山羊毛)を使用した花の形の化粧筆を、小花やグリーンを中心としたアーティフィシャルフラワーと一緒に、オリジナルボックスの中にアレンジし、お花畑のようにみたてています。

 

日比谷花壇では現在開催中のJAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK(2017年は11月8日(水)まで開催)をきっかけに、これまでに伝統的工芸品の有田焼や内山紙と日比谷花壇オリジナルの花をセットしたギフトを展開してきました。今回は女性の美しさを輝かせるメイクアップに注目し、女性が美しさを手にする喜びを生み出したいと、毎日のメイクに華と彩りを添える商品を企画し展開しています。

 

【熊野筆とアーティフィシャルフラワーのセット 展開概要】

価格: 税込10,260円〔本体価格9,500円〕

アレンジメントサイズ:高さ 約15cm、直径 約10.5cm

内容:

<アレンジメント> アーティフィシャルフラワー、オリジナルボックス

<熊野筆>サイズ:11.5 cm(刷毛4 cm)、素材:粗光峰(山羊毛)100%

展開チャネル:日比谷花壇ブランドの一部店舗

日比谷花壇 日比谷公園店(販売中)

*以下11月4日(土)から販売開始

日比谷花壇 日比谷シティ店

日比谷花壇 大手町ファーストスクエア店

日比谷花壇 パルコヤ上野店(11月4日オープン)

*詳細は以下URL参照ください。

http://hibiya.co.jp/ifeel/graphic/#kumanofude

※売れ切れ次第終了

※12月14日(木)から、オンラインショッピングサイト「hibiyakadan.com」、フリーダイヤル0120-001187(9:30~19:00)で注文を受け付ける予定です。

日比谷花壇について http://www.hibiya.co.jp

1872年創業、1950年に東京・日比谷公園店の出店後、日比谷花壇を設立。現在、全国に約200店舗を展開。ウエディング装花、直営店舗及びオンラインショップでの個人/法人向けフラワーギフトの企画・制作・販売、お葬式サービス、各種空間装飾デザイン・ディスプレイ、屋内緑化の設計・施工等を行い、花とみどり溢れるライフスタイルを提案しています。今後も、さまざまな日常の生活のシーンの中に、花とみどりのある生活文化を創造していきます。

================================================

日比谷花壇 企業サイト:http://www.hibiya.co.jp/

================================================

@prssより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, 商品情報
-, ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.