企業 新着ニュース 業務提携・買収・新店オープン

日比谷花壇が小田急ランドフローラの株式を取得 M&A情報 

投稿日:2019年2月19日 更新日:

 

ポイント
日比谷花壇は東京都・神奈川県に強みをもつ小田急沿線の事業地盤を強化する 
2019年3月29日に「小田急ランドフローラ」の称号変更が行われ子会社化する 
小田急ランドフローラはフラワーショップ、ブライダル、造園が中心のためお葬式サービスとの連携について現状では不明 

 

日比谷花壇 サイトトップページ

2019年1月18日、日比谷花壇が小田急電鉄の完全子会社である、小田急ランドフローラの全株式を取得する株式譲渡契約を締結したことを発表した。

日比谷花壇は、全国200店の直営店舗とオンラインショップの運営、空間装飾、葬祭事業等を通じて、花と緑の魅力を全国に発信し、人と人をつなぎ、地域や家族の絆を育み、花と緑で彩られた豊かなライフシーンの実現を目指している。

一方、小田急ランドフローラは、小田急沿線でのフラワーショップ「小田急フローリスト」「Reconnel」の運営、造園事業等を展開。東京都、神奈川県の沿線地域に根ざした事業基盤がある。

小田急ランドフローラ サイトトップページ

2019年3月29日付けで、小田急ランドフローラの称号変更が行われ、日比谷花壇の子会社として、東京都、神奈川県の小田急沿線を中心に、花と緑ある豊かな生活提案を行う予定だ。造園事業はグループ会社である日比谷アメニスと連携する。

日比谷花壇は両社のノウハウやリソースを融合し、事業基盤の強化とさらなる事業拡大、サービスの拡充を図る予定だ。

小田急ランドフローラはフラワーショップやブライダル・空間装飾、造園等が中心のため、日比谷花壇のお葬式サービスとの連携については不明だが、東京都、神奈川県の沿線地域での強みが強化されるため、今後の展開に注目していきたい。

 

【小田急ランドフローラ概要

社名  :小田急ランドフローラ
所在地 :東京都世田谷区千歳台1丁目1番18号
代表者 :代表取締役社長 金野祥治
設立年日:1998年2月2日
事業内容:フラワーショップ「小田急フローリスト」「Reconnel」の運営、装花、造園事業 等
URL  :http://www.odakyu-landflora.co.jp/

【日比谷花壇概要】

社名  :日比谷花壇
所在地 :東京都港区南麻布1-6-30
代表者 :代表取締役社長 宮島浩彰
創業  :1872年 設立年日/1950年12月6日
事業内容:ウエディング装花、直営店及びオンラインショップでの個人・法人向けフラワーギフトの企画・制作・販売、お葬式サービス、各種空間装飾デザイン・ディスプレイ、屋内緑化の設計・施行 等
URL  :https://www.hibiya.co.jp/

 

  • この記事を書いた人
三枝ゆり(みつえだゆり)

三枝ゆり(みつえだゆり)

広告会社で情報誌の編集を経て2003年フリーランスの編集・ライターへ。

パンフレット・WEB等の集客・販促ツールのコピーライティングのほか、ブライダル・起業支援・ビジネスマッチング用企業紹介・新卒採用等の情報誌・WEBメディアのライターとしても活動。さまざまな職種の方や経営者、起業家、研究者等のインタビュー経験も豊富。

自分自身の父の葬儀・仏壇・お墓・相続等の経験を経た後に、葬儀関連事業のWEBライティングにも携わる。「人生の最期に訪れる葬儀を支える人々のホスピタリティや優しさにふれて感銘を受けました。微力ですが、この業界に貢献できるような記事作成ができればと思っています」。

三枝ゆりの記事一覧

-企業 新着ニュース, 業務提携・買収・新店オープン
-, , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2021 All Rights Reserved.