エンディング産業展2019

延浄寺Group-デンショウ・伴田造花店 第5回エンディング産業展 出展企業紹介

投稿日:2019年8月24日 更新日:

2019年8月20日~22日開催の第五回エンディング産業展でブース出展されている企業様へ、葬研編集部がインタビューを実施しました。写真でブースの雰囲気や紹介されている商品やサービス、社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商品やサービスについて

手元供養の商品として、メモリアル「いはい」というオリジナルの小さな位牌を提供。サイズが小さい為仏壇を置きにくい家庭でも置ける事、また故人様の情報(写真、お人なり等)を文字で盛込んだ形が特徴。現在仏壇を置かない家が増えてきており、また、女性が嫁ぎ先でも実家の親の位牌に手を合わせたいという希望をメモリアル「いはい」で叶えることができる。

第五回エンディング産業展で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

お骨が入るタイプと入らないタイプ、両方あり、サイズ別で「パーソナル」「シングル」「スタンダード」「ダブル」と4種類ラインナップしている。一番小さな「パーソナル」のサイズは130ミリ×170ミリ。価格は三万円~。

他社との違いや今後の予定・目標

2年前にも出展したが、その時はまだ時代より先に行き過ぎていたが。現在メモリアル「いはい」を受け入れて貰える土壌があると感じている。生活の中に癒しの場を提供できればうれしく思う。少子化でお墓を持つこと自体が難しい状況にも、手元供養の形が1つの解決につながればと思う。

延浄寺Group-デンショウ・伴田造花店
http//:www.denshowin.com(予定)

---
第5回エンディング産業展【in 東京ビッグサイト】レポート(2019年8月20日~23日開催)もぜひご覧ください

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-エンディング産業展2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.