エンディング産業展2019

冲セキ 第5回エンディング産業展 出展企業紹介

投稿日:2019年8月21日 更新日:

2019年8月20日~22日開催の第五回エンディング産業展でブース出展されている企業様へ、葬研編集部がインタビューを実施しました。写真でブースの雰囲気や紹介されている商品やサービス、社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商品やサービスについて

石材の輸入・加工。福建省に専属合弁会社を設立(冲セキ向け商品のみ生産)。日本本社より工場の作業量を管理、安定生産出来る体制を構築。また、インド工場より墓石製品を毎月輸入。墓石付帯開発。石材店の支援として、業務提携している福利厚生企業大手5社の会誌や会員制ホームページにお墓の相談や依頼を受ける「えらべる墓石倶楽部」を掲載。お問い合わせいただいたエンドユーザーと石材店様をマッチングし、顧客開拓支援を行っている。

第五回エンディング産業展で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

川崎のガラス工房に協力を依頼。得意分野のステンドグラスやキャストガラス等、様々な技法により産まれるアート性の高いガラスと御影石を組み合わせて、従来の石材中心のお墓と異なる新しいお墓をご提案。また業界初の墓所管理スマホアプリ「お墓マイル」を開発。

他社との違いや今後の予定・目標

ガラスを使用した墓碑は、厚みがあるので透明でではないが、石とは全く違う美しさがある。光を通すので、光が当たるとキラキラ輝き、墓地でも非常に目立つ。普通の石にはない面白さ、華やかさがある。アプリ「お墓マイル」は、昨年から販売開始。お墓には住所が無いので、伝えるのに困るという要望から生まれた。初めて訪れる人でもこのアプリを使えば、広い霊園でも確実にたどりつけると好評。取引社のエンドユーザーは無料でダウンロードできる。

 冲セキ
http://www.okiseki.com

---
第5回エンディング産業展【in 東京ビッグサイト】レポート(2019年8月20日~23日開催)もぜひご覧ください

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-エンディング産業展2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.