エンディング産業展2019

東海製蝋 第5回エンディング産業展 出展企業紹介

投稿日:2019年8月22日 更新日:

東海製蝋

2019年8月20日~22日開催の第五回エンディング産業展でブース出展されている企業様へ、葬研編集部がインタビューを実施しました。写真でブースの雰囲気や紹介されている商品やサービス、社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商品やサービスについて

東海製蝋東海製蝋は、明治10年創業で静岡県富士宮市で主に蝋燭の製造を行う会社だ。蝋燭の製造の他にもロウが残らない特許燭台「もえ」の製造も手がけている。小ローソクと合わせてこの燭台を用いることで完全燃焼のシステムを実現する。特許燭台は、皿と台が離れるため、いつも清潔に保つことができる。

第五回エンディング産業展で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

今回のイベントでは、年末のギフト商戦を見据えての出展である。同社の目玉商品である小ロウソクと、特許燭台「もえ」のセットは、返礼品として特に売り出していきたいとのことだ。

他社との違いや今後の予定・目標

東海製蝋の作るロウソクの特殊な点は、空洞が奥まで続いているところだ。通常の製法であれば、ロウソク内部の空洞は短く、針が刺さり切らないことが多い。しかし、独自の製法によりロウソク内部の空洞を広げることに成功した。こうすることで、ロウソクは倒れにくいだけでなく、完全に燃焼するようになった。小ロウソクはさらに、燃焼時間約8分と短く、消し忘れによる火事なども防ぐことが出来る。

東海製蝋
http://www.tokai-seiro.co.jp

---
第5回エンディング産業展【in 東京ビッグサイト】レポート(2019年8月20日~23日開催)もぜひご覧ください

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-エンディング産業展2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.