企業 新着ニュース その他

賞金10万円を手にしたのは? 恋人や友人とも眠れる「ペア墓」愛称が決定

投稿日:2018年8月22日 更新日:

加登

加登(本社:大阪市淀川区 代表取締役会長:加登 隆三)は、平成30年7月31日まで開催した永代供養「ペア墓」愛称コンテストの最優秀作品を公式Webサイトにて発表いたしました。
ひと月にも満たない応募期間にもかかわらず、多くの作品が寄せられ、のべ1,520名の方々から合計3,777点ものご応募をいただきました。

加登 愛称募集委員会による最終選考の結果、永代供養「ペア墓」の愛称は「よりそい」に決定。本愛称を考案された方には、最優秀賞賞品として10万円分の商品券が贈られます。なお、「よりそい」を愛称としてご応募された方が複数名いらっしゃったため、規定によりその中から抽選で1名の方を受賞者として選ばせていただきました。

永代供養ペア墓「よりそい」とは

加登のプロデュースによる、公園墓地の先駆的存在「川西中央霊園( 兵庫県川西市)」 に、既成概念を覆す、まったく新しい永代供養ペア墓「よりそい」が誕生しました。

お墓と言えば先祖代々のお墓、あるいは家族で入るお墓が一般的ですが、この「ペア墓」は、血縁関係の有無にかかわらず、最愛の恋人や、仲の良い友人同士などでも一緒に入れるお二人様向けのお墓です。

もちろん、ご夫婦やご兄弟、 ご姉妹、お母様と娘さん、お父様と息子さん、などで入っていただくことも可能です。

川西中央霊園の永代供養ペア墓「よりそい」の特長

・川西中央霊園の最新分譲区画に「ペア墓」専用区画を開設。新しいコンセプトのお墓にふさわしい先進の区画デザインです。
・お二人まで納骨可能。
・納骨されるお二人の関係については一切不問(血縁関係がなくてもお申込み可)。
・購入後の管理料は一切不要。
・お参りする方がいなくなっても、墓石もご遺骨もそのまま残り、永代にわたって合同供養します。
・石碑デザインは自由設計。世界にたったひとつ、お二人だけのお墓がつくれます。

■川西中央霊園「ペア墓」愛称コンテスト 結果発表はこちら

https://www.forever-kato.co.jp/reien/039/pair/

加登と川西中央霊園について

加登は大阪に拠点を置き、関西を中心に東京、神奈川など関東エリアにも店舗、専属・提携霊園を展開。関西エリアに拠店を置く石材店の中において、墓石販売No.1(2018年「月刊石材」調べ)の実績を誇ります。

川西中央霊園(兵庫県川西市)は、昭和59年に開園した、関西圏における大型公園墓地・霊園の草分けです。近隣の川西市、伊丹市、尼崎市や宝塚市はもとより北摂地域や大阪市内からも電車・車で30分程度という利便性にもかかわらず、南向きで日当たりの良い、緑豊かな自然環境が高い評価を受けています。

近年は管理料不要の永代供養墓も取り揃え、平成26年には25年振りに第3期区画の分譲を開始。今回の永代供養ペア墓「よりそい」に先立って、欧風の芝生墓地や樹木葬、期限付き墓地など、新たな時代のニーズにもお応えできる環境を整えました。

川西中央霊園公式ウェブサイトURL
https://www.forever-kato.co.jp/reien/039/index.html

加登ウェブサイトURL
https://www.forever-kato.co.jp/

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, その他
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.