企業紹介 棺桶

ウッドフォーラム伊那

投稿日:

紹介

ウッドフォーラム伊那

ウッドフォーラム伊那 サイトトップページ

ウッドフォーラム伊那は、長野県伊那市の木工職人グループ。

「ハッピーエンドプロジェクト」として伊那市が中心となり、地域産材の利活用拡大を目的として研究された地域産材の木棺である。
木材は伊那を代表する「カラマツ」と「ヒノキ」を使用。これらは戦後間もなく植林されたもので、伊那の山から伐り出され、地域の木工職人が丹精込め全て手作りで製作する。

 

概要

団体名ウッドフォーラム伊那
代表者名会長 宮原 勝
事務局 伊那市役所 農林部 耕地林務課 林務係
住所長野県伊那市下新田3050番地
事業内容地元の職人による木棺の製作販売
創立平成29年(2017年)
資本金-
従業員数-

 

地図

 

 

製品例紹介

カラマツ製「黄金(こがね)」、ヒノキ製「和み(なごみ)」

 

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業紹介, 棺桶

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.