エンディング産業展2019

アンブローズアンドカンパニー 第5回エンディング産業展 出展企業紹介

投稿日:2019年8月21日 更新日:

アンブローズアンドカンパニー2019年8月20日~22日開催の第五回エンディング産業展でブース出展されている企業様へ、葬研編集部がインタビューを実施しました。写真でブースの雰囲気や紹介されている商品やサービス、社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商品やサービスについて

アンブローズアンドカンパニーアンブローズアンドカンパニーは、ジュエリーの製造直販とリモデルをおこなっている企業だ。 リモデルとは、使わなくなった宝石類を現代の流行に合わせて作り変えることをいう。 終活をする高齢者が次の世代に宝物を引き継ぐ際に、このリモデルは有効である。

第五回エンディング産業展で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

今回のイベントに参加した目的は、葬送業界の企業と広く知り合って、このリモデルしたジュエリーとコラボしてくれる企業を探すことだ。 宝石類のリモデル前後の写真がフレームで飾られており、流行に合わせて洗練されて生まれ変わるジュエリーを見ることができる。

他社との違いや今後の予定・目標

60年以上にわたって培ったジュエリー加工の経験と技術がアンブローズアンドカンパニーの強みだ。 一般的に古くなった宝石類の処分の際は買取に出されるが、想像以上に安くついてしまってショックを受けてしまう人も少なくないのだという。アンブローズの経験と技術を駆使して、大切な宝石類の行き着く先は買取だけじゃなく、下の世代に繋げられる方法があることを伝えていきたいと意気込んでいる。アンブローズアンドカンパニー

アンブローズアンドカンパニー
http://www.ambrose.co.jp

---
第5回エンディング産業展【in 東京ビッグサイト】レポート(2019年8月20日~23日開催)もぜひご覧ください

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-エンディング産業展2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.