企業 新着ニュース 商品情報

''息子を亡くした28歳の挑戦''核家族化で深刻なお墓離れ  ◆注目の新しい供養の形としてジュエリーブランドを立ち上げ!

投稿日:2019年2月26日 更新日:

My Art

My Art (本社:広島市 代表取締役:青山裕馬)は
2011年に突然生後3日で息子が腕の中で息を引き取りました。
若くお墓を建てる費用もない。
それでももっと長く一緒にいたいと強い想いから、
その時に「手元供養」の一つとして遺骨を納骨できる指輪を作る。
そんな経験から7年後の2018年8月に手元供養として遺骨リングブランドRion&Rings(リオンアンドリングス)を立ち上げ。

 

 

◆ストーリー◆
2011年7月に次男が生後3日で突然の死去。最後は腕の中で息を引き取りました。

私は当時20歳。とてつもない喪失感の中でお葬式も火葬も終わりました。
しかし遺骨を納骨できるお墓も無く、お寺に永代供養してもらえるほどの資金も無く悩んでいました。その時に知った「手元供養」。遺族の気持ちを尊重した供養方法。
(現在核家族化が進みお墓離れが問題の中新しく注目されている)
その後私が経験したことを元に27歳で遺骨リングブランド【Rion&Rings】(リオンアンドリングス)を立ち上げました。※広島県初の遺骨リングブランド。

ご遺族の方が少しでも気持ちが温まるようなサービス、リング、アフターケアで行なっていきます。

◆納骨方法◆
リングのくぼみに遺骨を入れてリングと同じ材質で蓋をします。
※遺骨を違う材質のものを合わせたり固めたりしません。
納骨後残った遺骨は専用容器に入れて全てお返しします。
 

◆遺骨のお預かり方法◆
全3パターン

・容器をお送りしますので
郵送で返信していただきます。
(他のブランド様もされている一般的な方法です)

・スタッフがお客様のご自宅までお伺いし
お預かりする方法
(お気持ち的には安心すると思います。別途料金がかかります)

・広島県の本社まで持って来ていただく方法

◆リング
 

 

リングのデザイン全4種類。
地金種類:プラチナPt900/イエローゴールド18K/ピンクゴールド18K/ホワイトゴールド18K/シルバー925
価格:35000円〜140000円
別途オプション:刻印(ひらがな/カタカナ/漢字/英数字)
ダイアモンドなど誕生石もつけることが可能。

◆お客様の声◆

 

 

◆会社名:ホームページ◆
My Art
https://www.a-myart.com

  PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, 商品情報
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2021 All Rights Reserved.