企業 新着ニュース セミナー・イベント・資格・書籍

【ブルーオーシャンカフェ】ご近所ミニデイと子ども食堂を開始!多世代が交流できるコミュニティスペースへ。

投稿日:2018年6月1日 更新日:

終活からライフデザインへ。「いき方」がテーマのカフェで地域住民が食卓を囲む会を毎週開催。

ハウスボートクラブ
東京都江東区住吉のライフコミュニティカフェ「ブルーオーシャンカフェ」では、6月より、江東区、地域包括支援センター、社会福祉協議会と協働で、ご近所ミニデイ(総合事業)と子ども食堂をスタートする。平成27年から全国でスタートした「介護予防・日常生活支援総合事業」の中でも、夕食を提供するケースは極めて珍しく、地域の子ども達に夕食を安価に提供する「子ども食堂」と組み合わせることで多世代交流による地域活性化を目指す。

 船舶を使った冠婚葬祭事業を手がけるハウスボートクラブが運営する、終活・ライフコミュニティカフェ「ブルーオーシャンカフェ」では、6月より、毎週水曜日に「ご近所ミニデイ」(綜合事業)、隔週水曜日に「子ども食堂」を開催する。

「ご近所ミニデイ」は、江東区が平成30年より本格開始する「介護予防・日常生活支援綜合事業」の一環。要介護認定の、要支援1・2、ならびに基本チェックリストに該当する方が対象で、地域住民が主体となり、週に1回開催する通所型サービス。区内の地域包括支援センターによるケアマネジメントを経て、参加していただく。サービスの内容は、軽い体操とレクリエーションやおしゃべり、そして食事の提供。参加者は食事代の実費のみを支払う。

既存で開催されている総合事業は、日中の開催で昼食を提供するケースがほとんどだが、ブルーオーシャンカフェで開催される、ご近所ミニデイ「すみよし」は夕方からの開催で、夕食を提供することが特徴。日中は他の介護サービスなどに通っている方で、自宅で一人で夕食を食べている方なども対象にする。

「すみよし子ども食堂」は、地域に子どもの居場所を作ることが目的で、未就学児~高校生の子どもとその保護者が対象。隔週水曜日の夜に開催し、子ども300円・大人500円という安価な値段で夕食を提供する。

「ご近所ミニデイ」と「子ども食堂」を同じ日に開催することで、多世代の交流による地域活性化を目指す。この事業は、江東区・地域包括支援センター、そして江東区社会福祉協議会のバックアップにより、地域住民に参加を呼びかけている。

また、個人・法人のボランティアによる様々な支援も呼びかけており、多様な「繋がり」による地域の社会問題解決を目指している。

【本件に関するお問い合わせ】
ブルーオーシャンカフェ

https://blueoceancafe.tokyo
TEL:03-6659-6537

 

江東区長寿応援課地域支え合い係
TEL:03-3647-9468

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, セミナー・イベント・資格・書籍
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.