企業 新着ニュース サービス情報

『葬儀崩壊』防止に向け、『やさしいお葬式』®が新型コロナウイルス感染症で亡くなった方のご葬儀への対応を開始

投稿日:2020年4月15日 更新日:

1都3県にて新型コロナ感染症に対応した直葬プラン(火葬)とお別れ会プラン(後葬)の2つのプランをリリース

ライフエンディングテクノロジーズ株式会社
ライフエンディングテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:白石和也、以下「当社」)は、葬儀社・火葬場・葬儀コラムまでを網羅した誰にでもわかりやすい総合サイト『やさしいお葬式』にて、1都3県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)において、新型コロナウイルスで亡くなった方のご葬儀に対応可能なプランを開始いたしました。
新型コロナウイルスの感染爆発により我が国では感染者が急激に増加しており、「医療崩壊」の危機が懸念されております。

他方、コロナウイルスにより亡くなられた方のご葬儀に関しても、感染症予防の観点から様々な制限があるため、「葬儀崩壊」に関する懸念も高まっています。

当社では、「葬儀崩壊」により大切な故人を見送るご葬儀ができない事態を防ぎ、様々な制限がある中でも、心のこもったお見送りができるように、厚生労働省の定めた火葬・葬儀方法を遵守したプランを検討してまいりました。

こうした検討の結果、シンプルな(1)直葬プラン(火葬)、後日にお別れの機会を設ける(2)お別れ会プラン(後葬)の2つのプランの対応を開始しました。

(1)新型コロナウイルス感染症に対応した直葬プラン(火葬)

新型コロナウイルスで亡くなられた方のご葬儀をシンプルな火葬にて、執り行うプランです。

現状では、感染症で亡くなった方の搬送や火葬対応を的確に対応できる葬儀社が少なく、喪主・病院が依頼する葬儀社が見つからないといった事態も懸念されております。

当社では、厚生労働省の定めたご遺体搬送・火葬方法を遵守した方法で対応できる研修を受講した担当者がいる葬儀社のみと提携し、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県にて対応できる体制を整備いたしました。

 <直葬プラン(火葬)での新型コロナウイルス感染防止策の例>
・防護服、手袋、マスク、ゴーグルを装着した担当者によるご遺体の搬送
・非透明過の納体袋へ収納し納棺
・ご遺体袋にご遺体を入れた後の消毒
・搬送後の搬送車両の消毒
など

料金:250,000円(税抜)+火葬料金~
直葬プラン(火葬)についての詳細:https://y-osohshiki.com/column/147

(2)新型コロナウイルス感染症に対応したお別れ会プラン(後葬)

上記のとおり、新型コロナウイルスで亡くなられた方は、速やかに荼毘に付され、遺骨として遺族のもとにお帰りになるため、ご葬儀をあげることが難しくなっているのが現状です。

こうした現状を踏まえ、当社では、上記(1)の直葬プランに加え、その後に故人とのお別れを告げる機会となるお別れ会(後葬)を実施するプランをご提供いたします。

このプランでは、通常のご葬儀のように故人のご遺体との直接のご対面はなく、ご遺骨とのお別れとなりますが、その他の儀礼は、ほぼ通常のご葬儀とは変わりはございません。

なお、施行に際しては、感染防止対策を万全に行った上で実施してまいります。

<お別れ会プラン(後葬)での新型コロナウイルス感染防止対策>
・少人数(30名以下)でのお別れ会
・香典の次亜塩素酸水による消毒
・次亜塩素酸水の消毒液の常備
・次亜塩素酸水による空間除菌
・参列者、葬儀担当者、僧侶のマスク着用
・参列者、葬儀担当者、僧侶の非接触型体温計を使用した体温確認
など

料金:550,000円(税抜)+火葬料金~
お別れ会プラン(後葬)についての詳細:https://y-osohshiki.com/column/147

■提携に関するお問い合せ先
当社との提携にご興味をお持ちのご葬儀社様、僧侶様は、ぜひ、お気軽に下記までお問い合わせください。
企業名:ライフエンディングテクノロジーズ株式会社
担当者名:冨安 達也
TEL:03-5843-8505
Email:support@le-tech.jp

 

PR TIMESより転載

葬儀経営者のお悩み、
葬儀屋.jp
相談しませんか?

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

shige

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, サービス情報
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.