「よりそうお葬式」が、葬儀社様向けクラウドサービス「よりそうクラウド」の提供開始

よりそうクラウド

「よりそうお葬式」が、葬儀業界向けのITツールをリリースしました。葬儀業界のDX化に向けた動きのようですが、すでに経産省の「IT導入補助金2022」の対象となっている葬儀業界特化型ITツールもあるため、競合相手の先行者利益を覆すには早期のアップデートが必要でしょう。

目次

葬儀社様の売上/生産性を上げるためのITツールをクラウド方式でご提供するDX支援サービス

株式会社よりそう

「よりそうお葬式」をはじめ、数々のライフエンディングサービスを提供する株式会社よりそう(東京都品川区、代表取締役社長CEO:芦沢雅治、以下「よりそう」)は、葬儀社様向けクラウドサービス「よりそうクラウド」の提供を開始しました。
当社は「よりそうクラウド」の提供を通じて、お葬式・ご供養・相続などの終活全般を包括的に提供する「ライフエンディング・プラットフォーム」構想を強化し、葬儀業界全体のDX化を加速してまいります。

よりそうクラウド

▼「よりそうクラウド」とは
「よりそうクラウド」は、葬儀社様の売上/生産性を上げるためのITツールをクラウド方式でご提供するDX支援サービスです。

▼サービス開始背景
日本は世界でも類を見ないスピードで少子・高齢・多死が進む「課題先進国」です。
年間死亡者数は増加傾向にあり、2040年には約168万人に達する見込みですが(※1)、葬儀や、その前の介護や闘病生活を支えるご家族は何倍もいらっしゃいます。お葬式の後も、ご供養、相続といったさまざまなライフイベントがありますが、そのたびにサービスの比較検討や申し込みを繰り返すことは大きな負担となっています。

よりそうは、ご家族が各ライフイベントで感じる負担や不安を解消するために「テクノロジー」に立脚した「一元化」により、お葬式を起点とした前後のタイミングをサポートした終活全般を包括的に提供する「ライフエンディング・プラットフォーム」構想を強化します。
そのためには、ライフエンディングの起点となるお葬式の施行を担う葬儀社様のDX支援が重要です。葬儀業界は業界構造的な背景から、数年前までIT化やDXの重要性があまり強く認識されていませんでした。業務効率化まで手が回らず、本来ご遺族のケアに割くべき時間をアナログな事務作業や業務管理に充てざるをえない葬儀社様も多く、日ごろから当社にも相談が寄せられていました。
当社は、「よりそうクラウド」の提供を通じて葬儀社様のDXを支援し新たな収益機会の拡大をするとともに、葬儀社様のスタッフがご遺族に向き合える時間を少しでも増やし、ご遺族がお別れに集中できる時間を提供したいと考えています。
※1:内閣府「令和3年版高齢社会白書(全体版)」

▼サービス概要
「よりそうクラウド」は葬儀社様のDXを支援をするために、今後、様々なサービスをリリースしていく予定です。
1stリリースのサービスは、「よりそうクラウド訃報案内」となります。これまで、当社が提供する訃報案内のDX支援サービスは「よりそうお葬式」のパートナー葬儀社様しか利用頂けませんでしたが(※2)、「よりそうクラウド訃報案内」のリリースにより、今後は全ての葬儀社様が訃報案内のDX化を実現することが可能となります。

「よりそうクラウド訃報案内」のサービスの概要は、以下の通りです。

・サービス名:よりそうクラウド訃報案内
https://funeral.yoriso.com/contents/service
・ご利用料金:下記フォームにてお問い合わせください。
https://www.yoriso.com/corp/contact/form/?subject=%E3%82%88%E3%82%8A%E3%81%9D%E3%81%[…]3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%89%E8%A8%83%E5%A0%B1%E6%A1%88%E5%86%85

▼サービスの特徴
本サービスをご利用いただくことにより、葬儀社様はご遺族に対してこれまで以上に利便性の高いサービスを提供することが可能となります。また、その結果、弔電、供花・供物の販売による新たな収益源を得ることが可能となります。

①訃報のご案内が簡単
ご遺族の方はLINEやメールなど普段使っている連絡手段で簡単に訃報のお知らせが可能です。

②訃報案内を直接受け取った方からの転送も可能
訃報を受け取った方も同じく、手間なく訃報を転送することができるため、仕事関係の方やご友人、趣味のグループなどにも訃報が伝わります。お葬式の式場や開始時間などの伝言ミスも減らせます。

③様々な訃報案内シーンに対応
一般葬、家族葬、火葬式などお葬式プランに合わせた訃報をご案内することができます。

④訃報を受け取った方の負担も軽減
ご自身が受け取った訃報ページから手間なく弔電や供花・供物のご手配ができ、故人への感謝や偲ぶ気持ちを伝えることができます。また、供花や弔電はオンラインでクレジットカード決済が可能です。
※2:2022/5/16当社プレスリリース「よりそう訃報案内サービスの提供を開始」(https://www.yoriso.com/corp/news/220516/

▼今後の展望
よりそうは、引き続き「よりそうクラウド」のサービス拡充を図るとともに、お葬式の周辺で発生するさまざまなお困りごとを解消するサービスの開発・提供を通じ、社会に必要とされる「ライフエンディング・プラットフォーム」の構築を進めてまいります。

▼株式会社よりそうについて
2009年3月に設立後、2013年に「よりそうお葬式(旧:シンプルなお葬式)」、「よりそうお坊さん便(旧:お坊さん便)」の提供を開始。高齢化や核家族化による葬儀・供養の価値観の変化等を取り入れたサービス内容が支持され、問い合わせ件数を伸長させています。2018年3月には葬儀・法要・供養等の「ライフエンディング」サービスをワンストップで提供するブランド「よりそう」を発表。事業成長を加速しています。

代表者                 代表取締役社長CEO 芦沢 雅治
設立                     2009年3月
社員数                 約100名
所在地                 東京都品川区西五反田2-11-17 HI五反田ビル4F
URL                     https://www.yoriso.com/corp/
事業内容             インターネットを介した葬儀・供養サービスの提供

PR TIMESより転載

月額3万円から始めるHP運用 葬儀屋JP
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる