企業 新着ニュース その他

青森県で合葬墓の基本計画/県内で取り組み進む

投稿日:

「合葬墓」とはゆかりのない複数の人の遺骨を一緒に埋葬するお墓。合葬墓は、お墓の伝統的なあり方を考えさせられます。

青森県の八戸市でこの合葬墓の計画が進んでいます。

公営の合葬墓の設置に関して八戸市では、15年度に庁内に検討委員会を設置し、翌年に20歳以上の3500人を対象としたアンケートを実施した。

 アンケートでは、市営合葬墓を利用したいとする人が約63%に達した。また、新しい形態の墓地の整備に関しては「整備する必要がある」「将来的な整備に向けて検討する必要がある」と答えた人が合わせて71%となった。

引用元/詳細はこちら→朝日新聞デジタル

なお青森市でも建設が始まり、来年度から受け入れを始める予定。さらに弘前市では昨年度から受け入れを始めているとのことです。

青森市でも今年度から公営合葬墓の建設が始まり、来年度から受付を始める予定だ。

一定期間納骨堂で預かり、その後、合葬墓の建物の中に収めるという方法。納骨堂は約2千体を収めることができるほか、納骨の期間を経ずに直接合葬墓に収めることもできる。

市によると、合葬墓は延べ床面積約230平方メートルの建物で、事業費約8800万円。使用料、合葬方法など詳細は来年3月の市議会に条例案として出す予定という。

引用元/詳細はこちら→朝日新聞デジタル

 

  • この記事を書いた人
kobayashi

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, その他

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.