企業 新着ニュース サービス情報

日本初「遺作」を写真に収めてお渡しする「天送美術館」をリリースしました。

投稿日:2019年4月17日 更新日:

データサイドマーケティング

データサイドマーケティング(所在地:大阪府大阪市、代表:浅井貴宏・田中翔理・増井義明、以下当社)は2019年4月17日(水)より、日本で初めて故人様が遺された芸術作品を、綺麗なスタジオ写真に収めてお渡しするサービス、「天送美術館」をスタートいたしましたことをご案内いたします。

 

 

天送美術館とは
遺品整理の中でも、最もストレスがかかると言われているのが、故人様の遺された思い出の品を選別し、廃棄する作業です。そんな思い出の品と、ご遺族様が丁寧に向き合うきっかけを作り、幸せを故人様のもとに贈るサービスが天送美術館です。

https://tenso-museum.com/

具体的には、故人様が遺された芸術作品、”遺作”を当社に郵送していただき、スタジオフォトにて撮影後、返還もしくは当社で供養整理をいたします。

リーズナブルなお値段と、かんたんお手続き
ご遺作一点あたり5,400円(税込・送料込)となります。一点からのお申し込みが可能です。
(7/31までは事前申し込みとし期間限定で一点3,800円としております。)

配送の手配などは全て当社で行いますので、お支払いいただいた後ご遺作のサイズを当社にお伝えいただき、お持ちするダンボールにお入れいただくだけでお手続きは完了となります。
チャットサポートを設けておりますので、もしご不安な点や、お問い合わせがございましたらチャットまでご連絡をお願いいたします。

ご遺作が幸せになれる、新しい社会貢献のカタチ
2019年7月ごろを目処に、お預かりしたご遺作を他の必要とされる方へ販売するECサイトを設立いたします。こちらでの販売価格は一律3,000円とし、こちらでの収益は全て両親がいない子供たちのために寄付をさせていただきます。対象団体については、現在複数の奨学団体と交渉を進めており、まとまり次第サービスの開始とさせていただきます。

メンバーの想い
当社代表の一人は、長年葬儀業界で勤務した経験から、故人様とご遺族様の向き合い方にケアが行き届かない点に大きな課題を感じておりました。簡単に訣別できない遺品・遺作に真摯に向き合い、新しいグリーフケアのかたちを実現するべく、本事業の骨子を考案。
子供をもつ年齢になった私たちが絆を社会に還流し、より社会に貢献していきたいという強い想いから本事業をスタートしております。どうぞご利用くださいませ。

【データサイドマーケティングについて】
データアナリスト・プログラマー・デザイナーなどで幅広く活躍してきたメンバーが、企業様のマーケティングをご支援し、ビジネスの成果を最大限に拡張させることを存立の目的とした企業です。マーケティングにおけるフローをほぼ網羅しており、自社内での対応を可能としているのが特徴です。

【会社概要】
会社名:データサイドマーケティング
代表社員:浅井貴宏, 田中翔理, 増井義明
資本金:100万円
社員数:3名
所在地:〒541-0053大阪市中央区本町4丁目8-1 SD本町ビル702号
URL:https://dataside.jp/
主な業務
■アナリティクス・コンサルティング事業
■クリエイティブデザイン事業
■データプラットフォーム事業
■新規サービス開発事業

葬儀経営者のお悩み、
葬儀屋.jp
相談しませんか?

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, サービス情報
-, , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2021 All Rights Reserved.