企業 新着ニュース セミナー・イベント・資格・書籍

遺言、葬儀、お墓…特集は「夫婦で考える終活」 巻頭インタビューは宇崎竜童さん 終活読本「ソナエ」春号3月18日発売

投稿日:

産経新聞社

産経新聞社の終活季刊誌「ソナエ」2019年春号が3月18日(月)に発売されました。定価840円(税別)。特集は「夫婦で考える終活」。遺言、葬儀、お墓、生前整理はもとより、最大の難関、親の介護まで「すぐやるべきこと」「そなえること」について指南します。終活は一人で進めると周囲の思いとずれてしまいがち。夫婦で相談すれば、いざというときも安心。巻頭インタビューは音楽家の宇崎竜童さん。愛妻家で知られる宇崎さんは終活も妻の阿木燿子さんと二人三脚。「最後は妻と一緒にぽっくり逝きたい」と語ります。詳細は産経新聞出版のサイト(http://www.sankei-books.co.jp/sp/sonae/)で。

  • 遺言、葬儀、お墓の準備をためらうな

 「遺言の書き方」では、自筆証書遺言の書き方を中心に遺言のノウハウを完全伝授。遺言は意外と簡単。とくに子供がいない夫婦は絶対にお忘れなく。「葬儀について考えよう」では家族葬や一般葬などさまざまな葬儀の長所短所を分析。故人を美しく見送る「エンバーミングのすすめ」も。「お墓」のコーナーでは、従来の石墓をはじめ、納骨堂や樹木葬、合葬墓などを比較検討。葬儀やお墓を決める際には、故人を見送り、供養する子供たちの気持ちもお忘れなく。

  • 夫婦円満3つのポイント「心・職・住」

「最後の転職は“天職”に」では、「老後破綻」を防ぎ、定年後の仕事に生きがいを見いだすノウハウを紹介。「生前整理で“宝さがし”!」では、お宝を掘り出す感覚で「片づけ」を応援。生活をコンパクトにするのは「終活」最大の課題です。「心を満たすマインドフルネス」では、心を落ち着けて「その時」を迎えるために、「禅」を科学で応用したマインドフルネスを紹介します。

  • 最大の難関「親の介護」を乗り切る法

在宅介護を中心に、老親の介護で注意すべき点や役に立つ情報を満載。そのほかにも、いつか迎える「その時」に備える情報と、心が豊かになる読み物が盛りだくさんです。

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, セミナー・イベント・資格・書籍
-, , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.