企業 新着ニュース セミナー・イベント・資格・書籍

俳優・山田孝之さん主演の感動映画「ステップ」応援フェアを全店で2月29日(土)より開催

投稿日:2020年2月20日 更新日:

物語に登場するお仏壇をはせがわが提供/全国130店舗でお仏壇購入者に劇場鑑賞ペアチケットプレゼント

株式会社はせがわ
​ お仏壇・墓石の販売、屋内墓苑の受託販売を手がける株式会社はせがわ(本社:福岡・東京、代表取締役社長:江崎 徹)は、山田孝之主演で2020年4月3日(金)より全国ロードショーの映画「ステップ」(エイベックス・ピクチャーズ/監督・脚本・編集:飯塚 健)をサポートします。
 大切なものを失った人たちの“10年間”の足跡を描いた感動作で、監督は「虹色デイズ」「笑う招き猫」「大人ドロップ」などを手掛けた飯塚 健。原作は「とんび」「流星ワゴン」など、大切なものを失った家族が再生していく姿を描いてきた作家・重松 清。
 株式会社はせがわは、劇中に登場するお仏壇をご提供することで撮影をサポートさせていただきましたが、このたび本作の公開を記念して、その劇中に登場するお仏壇を初めとする「LIVE-ingコレクション」のご購入者に、劇場鑑賞ペアチケットをプレゼントする、映画「ステップ」応援フェアを店頭、及びECサイトで期間限定にて開催いたします。

 

【応援フェア実施の背景】
妻に先立たれてから1年。再出発を決意した主人公・健一と一人娘の美紀、そして二人を取り巻く人々の成長の物語を描いた本作。仕事と育児の両立に悩みながらも、ゆっくりと成長していく健一は、お仏壇や遺影に語りかけることで亡き妻と通じ、ともに生きていく姿が描かれています。

 

 

当社は、亡くなられたご家族をいつも近くに感じ、ともに生きていただきたいと考えています。本作は大切な人を失った「残された人たち」のストーリーの中に、当社が提供したい価値が具体的に鮮やかに描かれていると共感しましたため、多くの皆さまに鑑賞いただきたいとの想いから、応援フェアを開催いたします。

飯塚 健 監督より当社にいただきましたコメント
「家庭には、喪った命も共にある、と思います。
その拠り所が仏壇であり、その前で手をあわせて、懐かしい声を想像する。
今はもう聞くことはできないけれど、想像だったらできる。それが故人を偲ぶということ。
劇中で使用させて頂いた仏壇は温かみのある見映えで、主人公が亡くした妻の姿の象徴となってくれました。」

【はせがわ 店頭・オンラインショップにおける「ステップ」応援フェアについて】
対象のお仏壇のご購入者に「ステップ」劇場鑑賞ペアチケットをプレゼント

・対象商品 :『LIVE-ingコレクション』のお仏壇
※一部商品を除く。詳しくは店舗にお問合せください。
<ブランドサイト> https://live-ing.hasegawa.jp/
・開催期間 :2月29日(土)~3月31日(火)
・プレゼント:「ステップ」劇場鑑賞ペアチケット
・対象店舗 :全130店舗、オンラインショップ(楽天市場、Amazon、LOHACO)
※お近くの店舗はホームページをご参照ください。
<店舗検索ページ> https://www.hasegawa.jp/shop/

劇中で実際に使用されたお仏壇「HKシェルフレックス」を展示
2020年2月29日(土)より、はせがわ銀座本店にて劇中で実際に使用したお仏壇「HKシェルフレックス ハイタイプ(オーク色)」とお仏具を展示いたします。また全130店舗において、同種のお仏壇を展示・販売いたします。

「HKシェルフレックス」商品情報
はせがわオリジナルの仏壇コレクション、「LIVE-ingコレクション」の一つで、国内有数の家具メーカー、カリモク家具株式会社との協同開発品。それぞれ2種類の高さのお仏壇と下台を組み合わせることで、さまざまなスペースにマッチします。(ウォールナット、オークの2色展開)

 

 

 

【HKシェルフレックス】
仏壇ハイタイプ(オーク色)
サイズ:高さ54×幅43×奥行32(cm)
価 格:190,000円+税

下台ハイタイプ(オーク色)
サイズ:高さ73×幅43×奥行38(cm)
価 格:90,000円+税

【映画「ステップ』について】
映画概要
妻に先立たれてから1年。娘の美紀と再出発を決意した健一。“なんにも思い通りにならない”―――。仕事と育児の両立に悩みながらも、ゆっくりと成長していく姿は、忙しい現代社会で、自分自身の大切なものを見失わないように懸命に生きる全ての人の心を刺激する。主演は山田孝之。エキセントリックな役柄のイメージが広く浸透している中、久しぶりに等身大の男性を演じる。健一と娘の美紀を温かく見守る登場人物には、國村 隼、余 貴美子、広末涼子、伊藤沙莉、川栄李奈など豪華俳優陣が結集。監督は、「虹色デイズ」「笑う招き猫」「大人ドロップ」などを手掛けた飯塚 健。
原作は、「とんび」「流星ワゴン」など大切なものを失った家族の再生を描き続けてきた作家・重松 清。主題歌には、秦 基博が映画のために書き下ろした「在る」を提供。大切な人たちへの想いが込められた曲が優しく、そして温かく、物語を包み込む。

原作:重松 清「ステップ」(中公文庫)
監督・脚本・編集:飯塚 健
出演:山田孝之、田中里念、白鳥玉季、中野翠咲、伊藤沙莉、川栄李奈、広末涼子、
余 貴美子、國村 隼 ほか
主題歌:秦 基博「在る」(AUGUSTA RECORDS/UNIVERSAL MUSIC LLC)
配給:エイベックス・ピクチャーズ
 (C)2020映画「ステップ』製作委員会


ストーリー
健一はカレンダーに“再出発”と書き込んだ。始まったのは、2歳半になる娘・美紀の子育てと仕事の両立の生活だ。結婚3年目、30歳という若さで突然妻を亡くした健一はトップセールスマンのプライドも捨て、時短勤務が許される部署へ異動。何もかも予定外の、うまくいかないことだらけの毎日が始まった。そんな姿を見て、義理の父母が娘を引き取ろうかと提案してくれたが、男手一つで育てることを決める。妻と夢見た幸せな家庭を、きっと天国から見ていてくれる妻と一緒に作っていきたいと心に誓い、前に進み始めるのだ。美紀の保育園から小学校卒業までの10年間。様々な壁にぶつかりながらも、前を向いてゆっくりと<家族>への階段を上る。泣いて笑って、少しずつ前へ。

公開日
2020年4月3日(金)全国ロードショー
<オフィシャルサイト> https://step-movie.jp/
※公開映画館はオフィシャルサイトをご参照ください。

【株式会社はせがわについて】
[創業]1929年9月 / [会社設立]1966年12月 / [上場証券取引所]東証1部
[証券コード]8230
[事業内容]仏壇仏具事業、墓石事業、屋内墓苑事業、他
[資本金]4,037,640千円 (2019年3月31日)/[売上高]19,010,058千円(2019年3月期)
[店舗数]130店舗(2020年1月末現在)/[従業員数]1,162名(2019年3月期)
[代表者]代表取締役社長 江崎 徹
[HP]https://www.hasegawa.jp/

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

shige

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, セミナー・イベント・資格・書籍
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.