エンディング産業展2019

大蔵山スタジオ 第5回エンディング産業展 出展企業紹介

投稿日:2019年8月21日 更新日:

大蔵山スタジオ2019年8月20日~22日開催の第五回エンディング産業展でブース出展されている企業様へ、葬研編集部がインタビューを実施しました。写真でブースの雰囲気や紹介されている商品やサービス、社員の方の雰囲気も含めてご紹介します。

業務概要・取扱い商品やサービスについて

大蔵山スタジオ大倉山スタジオは石材の採掘や加工などを行う企業である。自社の山から採掘される石は伊達冠石と呼ばれ、石は墓石の他、モニュメントや灯篭、アート、建築などに用いられる。

第五回エンディング産業展で特にお勧めしている商品・サービスや意気込みを教えてください

大倉山スタジオは今回、遺骨の一部を手元に残し、身近において故人を偲ぶ「手元供養」関連の製品を出品している。それぞれの製品には遺骨を入れることができ、身近に故人を感じることができるようになっている。ペット用手元供養製品や、石で作られたお位牌なども展示されている。

他社との違いや今後の予定・目標

大倉山スタジオの製品の特徴は、使われている伊達冠石の希少さだ。鉄分が多く、硬いこの石は経年によって色が変化し、長い年月をともに過ごすことで石の別の一面を見ることができる。製品も石そのものの自然の魅力を残したつくりになっており、原石の美しさを感じることができる作りになっている。また、手元供養製品は石以外の素材を原料とすることが多く、石でつくられた製品そのものが希少である。大蔵山スタジオ

大蔵山スタジオ
〒981-2301 宮城県丸森町大張大蔵字小倉10-1 http://www.okurayamastudio.co.jp

---
第5回エンディング産業展【in 東京ビッグサイト】レポート(2019年8月20日~23日開催)もぜひご覧ください

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-エンディング産業展2019

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.