企業 新着ニュース その他

伝説の巨匠たちの生き様と死に様にも迫る教養ドキュメンタリー『(新)THE LAST STORY ~マエストロたちの遺言~』レギュラー化決定!

投稿日:2018年10月5日 更新日:

全国優良石材店の会

平成最後の本年、昭和を代表する著名人の訃報が相次ぎ、団塊の世代を中心に、「人生の終い方」への関心がますます高まっていることを受け、伝説の巨匠たちの「生き様」と「死に様」に焦点をあてた全優石提供番組:『THE LAST STORY ~マエストロたちの遺言~』がレギュラー化されることになりました。10月7日(日)より毎週日曜18時30分~19時、BS日テレで放送されます。ナレーターは女優の斉藤慶子さんです。

ナレーターは女優の斉藤慶子さんナレーターは女優の斉藤慶子さん

第1回は、世代を超えて今なお愛され続ける『ゲゲゲの鬼太郎』作者、妖怪マンガの巨匠・水木しげる氏の永遠の住処、歩んできた人生をご紹介します。番組では、毎回一人のマエストロの“人生の物語”が綴られます。

※プレスリリース本文は下記をご覧ください。
https://prtimes.jp/a/?f=d27649-20181005-9593.pdf

  • 番組概要

◆放送局: BS日テレ
番組紹介ページ : http://www.bs4.jp/guide/document/the_last_story/
◆番組名: (新)The Last Story~マエストロたちの遺言~
◆放送日: 2018年10月7日(日)~毎週日曜、18:30~19:00
◆ナレーション: 女優 斉藤慶子さん

  • 第1回は 水木しげる

第1回は、漫画家の水木しげる氏(1922年3月8日-2015年11月30日/93歳)。
1922 年に生まれ鳥取県境港市で育ちました。本名、武良茂(むらしげる)。幼少時代「しげる」を正確に発音できず「げげる」と言っていたことから「ゲゲ」があだ名となったそうです。ペンネームの「水木」は一時期、神戸で経営していたアパート「水木荘」に由来しています。1959 年(37 歳)、調布に家を購入し、他界まで56 年間この地に居住しました。番組で紹介されるのは、水木氏が65歳のとき自らデザインした生前墓です。

  • 全国優良石材店の会(全優石)について

全優石は、全国の優良石材店約300社で組織されている墓石業の専門店グループです。消費者が一生に一度のお墓づくりの際に「安心して頼める店づくり」を目途に、1983年に創設されました。以来、お墓づくりを「心の福祉産業」として、供養の心とお墓を大切にする“お墓大切社会”の形成を目的とし、さまざまな活動を展開しています。一般の消費者に向けては、お客様のお墓を石材店と全優石がダブルでお守りする全国で唯一の『ダブル保証書』発行や、『お墓講座』の開催、お墓に関するご相談(建墓、改葬、墓じまい、空き墓地情報等)をお受けするフリーダイヤルサービスなどを行っております。また、社会的課題への取組みとして、会員石材店を通じた「みどりの募金活動」、2011年12月からは、東日本大震災による津波のおそろしさと教訓を残すための石碑「津波記憶石」を、被災地の想いを受けて全優石が各自治体に建立寄贈する「津波記憶石プロジェクト」を展開しています。

・全優石ホームページ: http://www.zenyuseki.or.jp/

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, その他
-, , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.