企業 新着ニュース セミナー・イベント・資格・書籍

葬祭業界に新たな資格“仏教葬祭アドバイザー”の 資格認定講座を2月24日 東京・厳定院にて開催

投稿日:2019年1月10日 更新日:

再び「儀式の重要性を重んじた葬儀スタイル」の普及へ

日本仏教協会

日本仏教協会(所在地:東京都千代田区)は、仏教の教えに沿った葬儀という儀式を正しく理解し、葬家に対し説明・ご提案できる方を認定するため『仏教葬祭アドバイザー』の資格認定講座を開催いたします。今後葬儀業界に欠かせない資格になると各葬祭業組合や業界関係者からの期待が深まる中、第一回開催2019年2月24日(開催地:東京都大田区)の参加申込みを2019年1月10日より開始いたします。

月刊仏事12月号(鎌倉新書発行)にも取り上げられました

■『仏教葬祭アドバイザー』資格認定講座 概要

主催   :日本仏教協会

受講対象者:全国各地どなたでも受講できます(葬祭業者以外も受講可能です)

資格取得 :本講座受講者を当法人より認定

定員   :45名

      ※1 先着順にて

      ※2 定員到達後は別日・別会場のご案内をさせていただきます。

費用   :50,000円(講座費用、教材費、資格認定証発行料込)

開催日  :2019年2月24日(日)

開催場所 :厳定院 東京都大田区池上2-10-12

申込期間 :第一回開催の申込みは2019年2月18日迄

お申込みは申込書FAX及び日本仏教協会ホームページ「仏教葬祭アドバイザー」申込フォームまたは、お電話にて行えます。

https://nihon-bukkyou.com/advisor/

フリーダイヤル:0120-7676-40(本資格に関するご質問ご相談窓口)

■本資格(講座)の意義

昨今、葬儀の簡素化は著しく、それに伴い本来の仏教の教えに沿った葬儀が行われていないことが多くなっています。葬祭業や終活に関わる方々が本資格を取得することで葬儀全体の70%以上を占める日本仏教の葬儀の知識を正しく身につけ、葬家へ正しく日本仏教の葬儀を提案し、儀式を簡素化せず、通夜式・葬儀式を行っていただくことを目指します。

■本資格(講座)の取得受講のメリット

【講師は現役僧侶】

現役僧侶による講座です。質疑応答も現役僧侶に対し行うことができます。

【信頼を深めることが可能】

本資格取得者には、認定証を授与いたします。認定証の提示や名刺に認定の旨を記入することにより葬家より信頼が深まります。また、有資格者1名以上在籍の葬儀社様へ社内に掲げられる日本仏教葬儀の優良葬儀社認定証を発行します。

【充実のアフターサポート】

本資格取得後、日本仏教の葬儀に関して疑問や質問事項が生じた際、お電話を頂ければ解答させていただきます。

【講習会への参加】

日本仏教協会が年2回主催する有資格者を招いた講習会・意見交換会に無料で参加いただけます。

■葬儀社様へ

葬儀の簡素化に伴う売り上げ低下の改善を課題にされている業者様が多いかと存じます。本資格を取得し、葬家からの信頼の上昇や正しく儀式を行う意味をご説明することで、通夜式・葬儀式を行っていただき、客単価を上げることで売上改善が見込めます。

■法人概要

名称   : 日本仏教協会

所在地  : 東京都千代田区平河町1-3-6 BIZMARKS麹町2F

設立   : 平成29年4月

電話/FAX: 03-5972-4414/03-5972-4004

Mail   : info@nihon-bukkyou.com

URL   : nihon-bukkyou.com

@prssより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, セミナー・イベント・資格・書籍
-, ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.