企業 新着ニュース その他

霊園もLINEで見学する時代!? はびきの中央霊園、LINEビデオ通話見学の受付を開始。

投稿日:2018年8月8日 更新日:

加登

加登(本社:大阪市淀川区 代表取締役会長:加登 隆三)は大阪府羽曳野市の「はびきの中央霊園」にて、LINEビデオ通話を利用した【リアルタイム見学】の受付を開始しました。

例年になく暑い今年の夏、日中の外出は出来る限り避けたいもの。

加登の専属公園墓地「はびきの中央霊園(大阪府羽曳野市)」では、自宅にいながらにして霊園の様子をリアルタイムで見学できる【LINEリアルタイム見学】の受付を開始しました。

スマホやタブレットでSNSアプリ「LINE」を利用している方ならどなたでも、簡単に申込みが可能なため、夏の外出が億劫な方や、遠方にお住まいの方などに、有効にご活用いただけます。
霊園の雰囲気は行ってみないとわからないものですが、来園前の下見に活用したり、気に入った区画があれば予約まで可能です。

また、お墓はみんなで相談して決めたいけど、親族が遠方にいるという場合には、グループ通話による霊園見学なども可能です。

--------- ご見学までの流れ ---------

1)はびきの中央霊園を友だち追加します。

LINEアプリ「友だち追加」メニューから、下のQRコードを読み取るか、ID「habikino917」で検索して、友だち追加してください。

2)はびきの中央霊園からメッセージが届きます。

お客様のご氏名、ご連絡先電話番号をメッセージにてご返信ください(定休日や営業時間外にいただいたメッセージへの返信は、翌営業日以降となります)。

3)ご見学日時を決めます。

スタッフからお電話させていただき、ご見学日時を調整いたします。

※いたずら防止のため、ご予約はお電話でのみ承ります。何とぞご了承ください。

4)ご見学

ご予約いただいた日時に、LINEビデオ通話にてお客様にお電話差し上げます。

ご覧になりたい区画、設備などございましたら遠慮なくお申し付けください。スタッフが実際に園内を移動し、お客様はスマートフォン画面上ではびきの中央霊園の至る所をご覧になれます。

加登とはびきの中央霊園について

加登は大阪に拠点を置き、関西を中心に東京、神奈川など関東エリアにも店舗、専属・提携霊園を展開。関西エリアに拠店を置く石材店の中において、墓石販売No.1(2018年「月刊石材」調べ)の実績を誇ります。

はびきの中央霊園(大阪府羽曳野市)は昭和60年、加登が初めてプロデュースした「川西中央霊園(兵庫県川西市)」の成功を受け、大阪府羽曳野市 に満を持して開園した超大型公園墓地です。開園以来5,000件を超える成約をいただき、関西圏随一の眺望の素晴らしさから、墓地を所有されている方やご 見学のお客様はもちろんのこと、屈指のビューポイントを求めて一般の方々のご来園も後を絶ちません。無料送迎バスや2棟の休憩所、美しい田園風景を楽しめ る遊歩道などの園内設備、平成28年にグッドデザイン賞を獲得した樹木葬墓地「追憶の森」に加え、充実の一途を辿る「永代供養システム」の整備により、南河内エリアはもとより大阪市内からのご契約も多数。今後も関西をリードする霊園としての地位を揺るぎないものとしています。

はびきの中央霊園公式ウェブサイトURL
https://www.forever-kato.co.jp/reien/042/index.html

加登ウェブサイトURL
https://www.forever-kato.co.jp/

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, その他
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.