欧米葬儀マーケット

注目記事

人の死を看取り、弔い、葬ること 1

葬送の原点を現代社会のなかで問うてみよう。 データは最新データに基づいている。 ある病院の改革 今、自宅で死亡する人は13%前後。残りは病院や施設である。 1955(昭和30)年には自宅での死亡が76 ...

2

  葬送に関する基礎用語を整理しておこう。 現代社会と死 多死社会 2017年人口動態統計(確定数)では、出生数が946,065人(1980年は約157万人)、死亡数が1,340,397人( ...

欧米葬儀マーケット 海外葬儀情報

火葬に代わる!?アクアメーションとは何か

2019/7/24  

土葬でも火葬でもないアクアメーションとは? 先日お送りいたしました記事「エコ時代の埋葬:ルーク・ペリー氏の場合」においては、人体に含まれる環境有害物質を無化する特殊なスーツを用いたエコ時代の埋葬という ...

欧米葬儀マーケット 海外葬儀情報 展示会

アメリカの葬儀系産業展で学べること?

2019/6/16  

◇◇◇ アメリカの葬儀系産業展で学べること? ー葬儀ビジネスを盛り上げる方法についてー   地域密着型が目立つ 葬儀ビジネスに限らず、どの業界の人たちも、自身や事業を成長・発展させていくには ...

Pixabayより

欧米葬儀マーケット 海外葬儀情報

借金多発?高すぎるイギリスの葬儀事情

2019/5/20  

はじめに 先日お伝えいたしました、「イギリス発、遺書作成のデジタル化(Farewlll)」の中では、フェアウィル創業者であるギャレット氏が毎年多くのイギリス国民が葬儀のために借金をしている事態を問題視 ...

Coeioウェブサイト

欧米葬儀マーケット 海外葬儀情報

エコ時代の埋葬:ルーク・ペリー氏の場合

2019/5/16  

エコな埋葬は次の時代の葬送形態となるのか? 以前お届けいたしました記事「アメリカの葬儀系スタートアップ紹介」の中では、特別なキノコをもちいて作られた「インフィニティ埋葬スーツ」による環境に配慮した埋葬 ...

欧米葬儀マーケット 海外葬儀情報

アメリカの葬儀ビジネスは明るい?

2019/5/7  

  ◇◇◇ アメリカの葬儀ビジネスは明るい? ーアメリカ合衆国の葬儀ビジネス市場と大手葬儀社についてー   霊園にも葬儀にもカルチャーショック 在米30年の筆者はロサンゼルス(L. ...

Pixabayより(リンク)

欧米葬儀マーケット 海外葬儀情報

イギリス発、遺書作成のデジタル化(Farewill)

2019/4/18  

はじめに 先日お届けした記事では、アメリカの葬儀業界にテクノロジーの波をもたらしているスタートアップ企業をご紹介いたしました(参考:アメリカの葬儀系スタートアップ紹介)。   その際に指摘し ...

Parting About Us

欧米葬儀マーケット 海外葬儀情報

アメリカの葬儀系スタートアップ紹介

2019/4/2  

  はじめに アメリカ合衆国における葬儀関連産業は巨大で、2017年のデータでは業界全体で約200億ドルの収益があったと報告されています(https://www.statista.com/t ...

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.