海外葬儀情報

注目記事

碑文谷創の葬送基礎講座 1

「葬祭業」の誕生 大都市と地方の差 「葬祭業の誕生」は日本の近代化と共に始まりました。 「葬祭業の出自」ということで見れば江戸後期にさかのぼることができます(早桶屋、桶屋、葬具貸し出し業)。 しかし、 ...

2

今回、世界最大のイベントCESへの参加を試みた。 CESとは CESとは、ネバダ州ラスベガスで開催される電子機器の見本市で、最先端の技術が結集している展示会である。 展示期間:2020年1月7日~10 ...

海外葬儀情報 葬祭ニュース

斎場にコンビニ? “限定商品”はアヒルの卵と白ごはん!

2019/11/11  

駅やビジネスビルにコンビニが併設されていることが多くなりましたが、お隣の台湾では斎場にコンビニが設けられたそうです。お国柄、アヒルの卵などの珍しい商品も販売しているそうですよ。でもなぜアヒルの卵?(葬 ...

欧米葬儀マーケット 海外葬儀情報

火葬に代わる!?アクアメーションとは何か

2019/7/24  

土葬でも火葬でもないアクアメーションとは? 先日お送りいたしました記事「エコ時代の埋葬:ルーク・ペリー氏の場合」においては、人体に含まれる環境有害物質を無化する特殊なスーツを用いたエコ時代の埋葬という ...

欧米葬儀マーケット 海外葬儀情報 展示会

アメリカの葬儀系産業展で学べること?

2019/6/16  

◇◇◇ アメリカの葬儀系産業展で学べること? ー葬儀ビジネスを盛り上げる方法についてー   地域密着型が目立つ 葬儀ビジネスに限らず、どの業界の人たちも、自身や事業を成長・発展させていくには ...

Pixabayより

欧米葬儀マーケット 海外葬儀情報

借金多発?高すぎるイギリスの葬儀事情

2019/5/20  

はじめに 先日お伝えいたしました、「イギリス発、遺書作成のデジタル化(Farewlll)」の中では、フェアウィル創業者であるギャレット氏が毎年多くのイギリス国民が葬儀のために借金をしている事態を問題視 ...

Coeioウェブサイト

欧米葬儀マーケット 海外葬儀情報

エコ時代の埋葬:ルーク・ペリー氏の場合

2019/5/16  

エコな埋葬は次の時代の葬送形態となるのか? 以前お届けいたしました記事「アメリカの葬儀系スタートアップ紹介」の中では、特別なキノコをもちいて作られた「インフィニティ埋葬スーツ」による環境に配慮した埋葬 ...

欧米葬儀マーケット 海外葬儀情報

アメリカの葬儀ビジネスは明るい?

2019/5/7  

  ◇◇◇ アメリカの葬儀ビジネスは明るい? ーアメリカ合衆国の葬儀ビジネス市場と大手葬儀社についてー   霊園にも葬儀にもカルチャーショック 在米30年の筆者はロサンゼルス(L. ...

Pixabayより(リンク)

欧米葬儀マーケット 海外葬儀情報

イギリス発、遺書作成のデジタル化(Farewill)

2019/4/18  

はじめに 先日お届けした記事では、アメリカの葬儀業界にテクノロジーの波をもたらしているスタートアップ企業をご紹介いたしました(参考:アメリカの葬儀系スタートアップ紹介)。   その際に指摘し ...

タイのメコン川で、親の散骨をしてみた。 ~異国の地で、じぶんらしい弔いを考えてみる~ 海外葬儀情報

第3回 タイで逝く日本の人たち、彼らが望む弔いとは、、

2019/4/17  

はじめに  高齢社会は、多死社会。いつか迎える親の死。息子である40代のわたしは、その一人でした。また、死はいつか自分にもやってきます。死は遠いことかもしれませんが、死を想うことは、今の生を想うこと。 ...

タイのメコン川で、親の散骨をしてみた。 ~異国の地で、じぶんらしい弔いを考えてみる~ 海外葬儀情報

第2回 メコン川で母の散骨

2019/4/10  

はじめに  高齢社会は、多死社会。いつか迎える親の死。息子である40代のわたしは、その一人でした。また、死はいつか自分にもやってきます。死は遠いことかもしれませんが、死を想うことは、今の生を想うこと。 ...

タイのメコン川で、親の散骨をしてみた。 ~異国の地で、じぶんらしい弔いを考えてみる~ 海外葬儀情報

第1回 葬儀会社がないタイ、義母の葬儀に参加してみた

2019/4/3  

はじめに  高齢社会は、多死社会。いつか迎える親の死。息子である40代のわたしは、その一人でした。また、死はいつか自分にもやってきます。死は遠いことかもしれませんが、死を想うことは、今の生を想うことこ ...

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.