業務提携・買収・新店オープン 葬祭ニュース

西日本新聞ライフコンシェルジュ 生活の窓口店舗開設について

投稿日:2017年8月4日 更新日:

西日本新聞社

西日本新聞社(代表取締役社長 柴田建哉)は老後の生活資金や住まい、相続、保険、資産など将来に向けた漠然とした悩みや不安について幅広い分野で相談を無料で受け付け、専門家とともに最適な解決方法を提案する新規サービスを開始致しました。「西日本新聞ライフコンシェルジュ 生活の窓口」を9月1日に福岡市中央区天神のエルガーラホール1階エントランスに窓口店舗を開設いたします

このサービスでは生活者一人一人が抱える様々な悩みや不安を専属のファイナンシャルプランナーがジャンルを問わず受け止め、トータルな解決案を提示、更には提携する適切な専門家を紹介し具体的な解決へと導くことを目的としています。
いま、2025問題に象徴されるような高齢社会の本格的な到来を目の当たりにして、長生きのリスク、相続問題、リタイア後の住環境等々、様々な社会不安が顕在化してきています。当社では地域ジャーナリズムの中核を担う新聞発行を中心に、この事業のような新たな付加価値の提供を通して生活者ひとりひとりの暮らしをサポートすることで、地域社会の持続的発展に貢献してまいります。

西日本新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口オープンの概要

◎サービス内容
西日本新聞と各分野の専門家が連携して、暮らしとお金に関するあらゆるご相談を承ります。保険、住まい、相続、終活、介護など幅広いお悩みに対応しております。

  1. 西日本新聞初の来店型ショップが天神地区にオープン!

「西日本新聞」だからこそできるお客様に寄り添った公平中立なサービスです。年齢や家族構成を問わず、どなたでもご相談いただけます。これから先のお金の悩み、不安などなんでもお気軽にご相談ください。

  1. お金のプロであるファイナンシャルプランナーが窓口で応対いたします!

生活の窓口で応対するのは、これまで多くの方のお悩みを解決してきたファイナンシャルプランナーです。家計、不動産、保険、教育資金、年金制度など幅白い知識を備えています。

  1. 相談はご納得いくまで何度でも無料!

「生活の窓口」は相談料無料です。お客様がご納得いただくまで何度でも相談可能です。専門家をご紹介させていただき、各専門家と契約されることになった時に費用が発生致します。

◎提携事業者  税理士、リフォーム、不動産、保険、行政書士、司法書士、介護、霊園・墓地など
◎オープン日  平成29年9月1日(金)
◎営業時間  10:00~17:00
◎店休日  土・日・祝日・特定日
◎所在地  福岡市中央区天神1-4-2エルガーラ1階

◎お問い合わせ 西日本新聞 ライフコンシェルジュ 生活の窓口 担当:佐藤、山田
TEL/092-711-5060 E-mail/taisuke.sato@nishinippon-np.jp

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 2

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

碑文谷創の葬送基礎講座12 3

アマゾン「お坊さん便」へ全日本佛教会が理事長談話 2015(平成27)年12月24日、全日本佛教会は当時の理事長であった齋藤明聖氏の名前で「『Amazonお坊さん便 僧侶手配サービス』について」という ...

-業務提携・買収・新店オープン, 葬祭ニュース
-

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.