業務提携・買収・新店オープン 葬祭ニュース

独創的でスタイリッシュ。和とモダンが融合した都心のお墓。御堂筋沿線初となる堂内墓地 「宝蔵寺 大阪御廟」12月完成予定!

投稿日:2019年9月9日 更新日:

関西の15世帯に1世帯が家にお骨がある時代ー新しい供養のカタチを提案。

株式会社ヤシロ

 設立以来、関西一円に霊園・納骨堂事業を展開し、「永代供養」や「墓じまい」など、常に社会の変化に合わせた”新しい供養スタイル”を創造・提供してきた葬送・供養トータルサービス企業ー株式会社ヤシロ(本社:大阪府箕面市稲1-4-3 代表:八城 正明)は、多死少子化が進む現代の供養ニーズを受け、都心のお墓「堂内墓地プロジェクト」を展開。
 御堂筋沿線初となる堂内墓地「宝蔵寺 大阪御廟」の2020年4月オープン(2019年12月建築完成予定)に向け、9月9日(月)より、資料請求の受付を開始する運びとなりました。
  ※参考資料:「お墓に関する意識調査」(関西に住む40歳〜79歳の男女/約25,000人)ヤシロ調べ

 

 

  • 施設概要

■所在地:大阪府大阪市淀川区西中島2-6

■事業主:宗教法人 宝蔵寺 ■販売委託:株式会社 ヤシロ

【開業スケジュール】
■12月中旬/建設完成・販売開始(予定)
■2020年4月オープン(予定)

9月9日(月)より資料請求受付、説明会申込スタート!
 堂内墓地「宝蔵寺 大阪御廟」WEBサイト https://www.yasiro.co.jp/donaibochi/
 

  • 施設特徴

■気軽にお墓参りができる環境
便利な駅近で、アクセスの良い都心のお墓です。バリアフリーの屋内墓地で、供花・お香をご用意し、掃除も不要。車がない方も、忙しい方も、手ぶらで気軽にお墓参りができます。
■後継者のいない方も安心な永代供養
少子化が著しい昨今、お墓を継ぐ方がいないご家庭や、故郷を離れて暮らす方でも、永代に亘って、お墓の管理、ご供養致しますので安心です。
■カード式参拝システム
従来のお墓でも、納骨堂でもない、格式とスマートさを兼ねそなえた新しいお参りのカタチ。個別の参拝ブースで、故人と対面してゆっくりとお参りできる新しいお墓です。

■和とモダンが融合した新しい時代のお墓

すべてが独創的でスタイリッシュ。モダンな空間でありながら、その根底に息づく和の美意識と偲びの心。令和という新しい時代にふさわしいお墓です。
■各種法要や催しにも対応する施設をご用意
お墓だけでなく、四十九日や一周忌、三回忌など法事法要も宗旨宗派を問わず行える施設を設けています。また多目的ルームでは、墓じまいセミナーや各種イベントなどを開催。皆様の憩いの場としてもご利用いただけます。
 

  • 【参考資料】現代のお墓事情

 

 

 

  • 「堂内墓地 大阪御廟」特徴

大阪メトロ御堂筋線
「西中島南方」駅から徒歩3分!

阪急京都線「南方」駅からも徒歩3分!
梅田・新大阪にもほど近く、北摂エリアからもアクセス至便な「西中島南方」エリア!

【住所】大阪府大阪市淀川区西中島2-6
【TEL】0120-140-846

【アクセス】西中島南方駅・阪急南方駅まで
(大阪方面)大阪メトロ御堂筋線「梅田」駅から約5分
(神戸方面)阪急神戸線「阪急三宮」駅から約30分
(京都方面)阪急京都線「河原町」駅から約40分

都心のスタイリッシュさの中に、便利さと快適さ、そして安心を備えました。

 

FLOOR MAP FLOOR MAP

【6階/本堂・特別参拝室】
国分寺派に属する宝蔵院別院の荘厳な本堂があります。特別参拝室では、大人数でのお参りでも、ゆっくりと快適にご参拝頂けます。
【3-5階/参拝室・多目的ルーム】
格式とスマートさを兼ね備えた新しいお参りのカタチ「カード式参拝システム」を採用しています。1階の受付カウンターでカードリーダーにご家族専用カードをかざすだけで、参拝室に到着すると、墓石に厨子と銘板がセットされ、参拝の準備が整っています。
【2階/法要室・多目的ルーム】
お墓だけでなく、四十九日や一周忌、三回忌など法事法要も宗旨宗派を問わず行える施設を設けています。また、多目的ルームでは、墓じまいセミナーや各種イベントなどを開催。皆様の憩いの場としてもご利用いただけます。
【1階/エントランスロビー・休憩ラウンジ】
流水や間接光で幻想的に演出されたエントランスロビーの中央奥には、永代供養墓が建立されています。ご家族やご親戚との交流にもご利用いただけるラグジュアリーな休憩ラウンジもご用意しています。

 

  • ヤシロの「堂内墓地」なら、毎日が、お参り日和。

時代とともに家族のカタチが替わり、それとともにお墓に対する考え方も変わってきています。
長年、日本の供養を考えてきたヤシロがこれからの時代に求められるお墓のひとつの答えとしてご提案するのが「堂内墓地」。故人のやすらぎと供養する人の快適さを大切にした新しいお墓の選択肢です。

供養のあり方を、もっと自由に。時代に、ニーズに合った供養を実現。
ヤシロの「堂内墓地」プロジェクト

 ヤシロが常に追求するのは、「やすらぎ」を体感できる癒しの場。
これまでも、関西一円に霊園・納骨堂事業を展開し、「永代供養」「墓じまい」など、お客様、社会ニーズに合わせた”新しい供養のスタイル”を常に創造・提供して参りました。「お墓が遠くてなかなかお参りできない。」「歳をとってお墓の手入れが大変。」「お墓を継承する人がいない。」など、少子高齢化で後継者不足やアクセスの悪さから、ますますお墓の承継が困難になる時代。そんな時代にヤシロがご提案するのが “堂内墓地 ” 。“供養する方” “供養される方”にとっても、便利で、快適に、安心できる供養を提供したい。新時代にふさわしい都心の納骨施設「堂内墓地プロジェクト」を推進して参ります。

合計4カ所の堂内墓地を大阪府下に展開予定。IOTを活用したサービスも検討。
2019年8月    池田寿命寺「池田龍聖御廟」オープン
2020年4月      西中島「宝蔵寺 大阪御廟」オープン予定(19年12月より販売予定)
〜2021年   大阪市内ほか2カ所で順次開業予定
 

  • ヤシロがご提供する様々な供養のカタチ

供養については☞株式会社ヤシロ【WEBサイト】 https://www.yasiro.co.jp
 

  • 「理想の供養」アンケートキャンペーン実施中!

■JCBギフトカード(5,000円分)×10名様 ■QUOカード(1,000円分)×50名様■JCBギフトカード(5,000円分)×10名様 ■QUOカード(1,000円分)×50名様

みなさんの「理想の供養」をお聞かせください。
WEBアンケートにご回答頂いた方の中から抽選でプレゼント。詳しくは☞ https://www.yasiro.co.jp/donaibochi/s-campaign/

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-業務提携・買収・新店オープン, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.