セミナー・イベント・資格・書籍 葬祭ニュース

東京都檜原村天光寺 合同先祖供養の定期開催を決定!!

投稿日:2019年7月11日 更新日:

昭和・平成に想い残したご先祖様を一緒に供養しませんか?

天光寺

東京都檜原村にある臼杵山真言宗天光寺では、直近で先祖供養の依頼が多くあり平成から令和に切り替わるこの時期での先祖の供養を薦めている。合同先祖供養は年3回実施される予定で、初回は盆の8月16日に実施予定。その後の日程はHPを通じて告知する。1回参加で3万円のお布施で故人の位牌を白木で作製し戒名(故人の名前)を読み上げ先祖供養をする。申込者には護摩札を謹呈する。今回は遠方の方も気軽に依頼できるようネットでの申し込みも可能にしたと。来山されない方には護摩札と位牌の画像を写真で郵送する。

先祖供養の様子先祖供養の様子

天光寺では先祖供養だけでなくお祓いや除霊の依頼が多く、今回合同での先祖供養の定期開催を決定したことには背景がある。平成の30年間は「大災害の時代」と表現する識者も存在する。例えば、火山活動による災害や豪雨や地震などで多くの命が失われた。特に甚大な影響をもたらした平成23年の東日本大震災以降ではその災害にまつわる供養などの依頼が多く来ていたという。そのことから天光寺では、多くの人の想いに応え多くの魂を供養する目的で合同供養の定期開催を決定した。また今回は遠方から参拝に来るのが難しい方でも、ネットでの申し込みのみで供養を行えるようにした。参加者には護摩札と位牌を作成し写真を撮り送付をする。

先祖供養の最中先祖供養の最中

先祖供養は故人のために行われるが、そのご利益は先祖供養を依頼したものにもあるという。先祖供養を依頼した方は徳をさらに積み、より多くのご利益が受けられることが、古くから伝えられてきた。実際に様々な場所で先祖供養をしてから良いことが起きたという話が多くある。

令和に切り替わった機会に、東京奥多摩にある檜原村天光寺で、体も心も癒されてみませんか。
 

♦ 先祖供養 概要 ♦

『日時』

第一回 2019年8月16日(金) 14:30 集合 17:00 終了

第二回 2019年12月7日(土) 14:30 集合 17:00 終了

第三回 2020年3月23日(月) 14:30 集合 17:00 終了

URL:http://www.tenkouji.jp/

 

 

『場所』

臼杵山真言宗天光寺

東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1

電話:042-519-9380

 

『必要なもの』

お布施 3万円

※当日現金でお納めください

参拝が不可能な方は振込口座を指定しますのでお振込みをお願い致します。

 

戒名(故人のお名前)

 

『申し込みの流れ』

臼杵山天光寺まで、メールかお電話での申し込みをお願い致します。

予約なしでのご参加はできません。

電話番号:042-519-9380

メールアドレス:info@tenkouji.jp

※当日参拝が不可能な方はその旨をお伝えください。

 

 

【天光寺基本情報】

URL:http://www.tenkouji.jp/

住所:東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1

電話:042-519-9380

メール:info@tenkouji.jp

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

2019年8月20日から22日まで、東京ビッグサイトで開催されている「第5回エンディング産業展」。初日に会場を一巡し、特に強く印象に残ったことをまとめてみた。 エンディング産業展とは エンディング産業 ...

-セミナー・イベント・資格・書籍, 葬祭ニュース
-, , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.