NPO団体 企業紹介

全国市民紛争解決支援センター

投稿日:

(定款に記載されたの目的)

全国市民紛争解決支援センターは、不特定多数の市民に対して、①介護・高齢者・障害者、相続・遺言・成年後見、交通事故、外国人在留、知的財産、架空請求・ネット被害、不当要求、金銭貸借・クレジット・サラ金、借地・借家・マンション・不動産・経営・公的融資・労務、近隣問題等に関する紛争の助言・相談・調停斡旋・紹介事業、②市民の紛争予防、防犯、人権擁護、交通事故、著作権等に関するセミナー・講習等の開催事業、③市民紛争解決のための研修・指導事業、④高齢者への後見人の推薦事業、⑤市民紛争解決に関する出版、ホームページ等による普及啓発事業を行い、安全で活力あるまちづくりと、地域社会の教育・文化・生活・経済面における福祉の向上を図り、広く公益に貢献すること目的とする。

全国市民紛争解決支援センター
事務所所在地東京都豊島区巣鴨三丁目16番13号 木内ビル201号
URL
代表者氏名山内 隆司
設立認証年月日2005年12月06日
活動分野保健・医療・福祉/社会教育/まちづくり/環境の保全/地域安全/人権・平和/国際協力

事務所地図

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 2

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

碑文谷創の葬送基礎講座12 3

アマゾン「お坊さん便」へ全日本佛教会が理事長談話 2015(平成27)年12月24日、全日本佛教会は当時の理事長であった齋藤明聖氏の名前で「『Amazonお坊さん便 僧侶手配サービス』について」という ...

-NPO団体, 企業紹介

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.