企業 新着ニュース サービス情報

世界初!永代供養【付】自宅納骨壇「棲家」

投稿日:2019年8月19日 更新日:

創業100余年 老舗の石材店・松戸家(東京都小平市)の新商品 エンディング産業展で自宅墓の「儲かる新しいカタチ」初公開

株式社松戸家

創業100余年の老舗石材店・松戸家(中本泰輔社長)は、東京・有明の東京ビッグサイトで8月20日~22日開催される第五回エンディング産業展に世界初(※=同社調べ)となる新商品、永代供養【付】自宅納骨壇『棲家』を出品する。

自宅供養を目的とした商品はすでに存在しますが、棲家の外観は通常の仏壇のような観音扉付いた箱型で、内部の中板で前後を仕切る二重構造になっており、奥に骨壷を納め、手前には遺影などを置くことが出来ます。そして、他の自宅供養商品と決定的に異なるのが「永代供養付」という点です。
「お墓が遠い、高齢で墓参できない、承継者がいない、といった問題で悩まれている方が増えていますが、その解決手段の一つが自宅供養です。しかし少子高齢化時代にあって、自宅供養もずっと継続できる保証はございません。そこで数々の霊園や樹木葬の開発を手掛けた老舗石材店のノウハウを活用し、無縁仏にならない永代供養の付いた商品として売り出すことにしました。この商品は自宅供養の新しい選択肢になると思います。

葬儀経営者のお悩み、
葬儀屋.jp
相談しませんか?

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

-企業 新着ニュース, サービス情報
-,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2020 All Rights Reserved.