アンケート調査・Q&A 葬祭ニュース

令和初の結果発表、お墓購入とお墓参りの実態分析。全優石「2019年版 お墓購入者アンケート調査」~タテからヨコへ「お墓の構造変化」加速、女性がけん引

投稿日:2019年7月31日 更新日:

進む低価格化、「シンプルでもオーソドックスはイヤ」デザインは重視、新規購入率は約半数~「女性ニーズの具現化」が令和の墓石業界の課題となる可能性を示唆

全国優良石材店の会

供養の心とお墓を大切にする社会の形成のため活動する、全国約300社の優良石材店グループ「 全国優良石材店の会」(事務局・東京都品川区、代表理事・吉田剛、会長・吉田岳、以下全優石)が実施した、「2019年お墓購入者アンケート調査」の結果がまとまりました。調査結果のポイントは下記の通りです。

※調査結果の詳細をご希望の方は、全優石事務局にご連絡ください:。
TEL:03-5423-4014 / E-Mail:zenyuseki@triton.ocn.ne.jp

 

  • ますます進む「ヨコ型」化、女性においてはさらに顕著に

令和初の結果発表となった今回の調査では、タテ型の「和型」が構成比32.4%と3分の1を割り込む一方、ヨコ型の「洋型」は48.6%と約半数を占めて過去4年で最高値となり(図1)、お墓においてもタテからヨコへ「構造変化」が加速する結果となりました。男女別に見ると(図2)、女性の和型構成比は25.2%と約4分の1、洋型は53.3%と過半数を超え、お墓の構造変化には、女性の購買行動が大きく影響することをうかがわせる結果となりました。一方で「デザイン墓」が男性平均・全体平均とも上回り、女性はオリジナリティやデザインを重視する傾向があるといえそうです。
 

  • 「リーズナブルな洋型」女性の圧倒的支持が招く低価格トレンド、打開の糸口も?

墓石購入価格は160.7万円と過去10年間で最安値となりました(図3)。男女別にみると、女性の購入価格は男性比・全体平均比いずれも10万円以上低く(図4)、墓石の低価格化傾向も、女性の購買行動が大きく影響しているといえます。一方で、女性の新規購入比率は47.5%(図5)と、約半数がゼロからお墓をつくるお客様ということになります。女性がお墓選びの際に特に重視する「色」「自分らしさ」「シンプル、でもオーソドックスではない」といった機微をつかみ、納得感と両立させいかに具現化していくかが、令和の時代の課題となりそうです(図6)。

 

 

 

<調査の目的と概要>
実際にお墓を購入した人の実態や意識などを知る目的で、平成31年3月1日(金)~令和元年5月31日(金)、全優石認定の全国の石材店で実際にお墓を購入した人を対象に、郵送法(郵便による自記式調査)で実施しました。平成16年から毎年春に実施し、今回の有効回答数は2,157サンプル(昨年2,437サンプル)。お墓購入者の実態や意識を知る上で最大規模の調査として、調査結果のデータは例年、金融機関などから要請を受けて提供し、活用されています。32回目の今回は、平成の終わりから令和の幕開けにかけての開催で、令和初の結果発表となります。

<調査実施概要>
• 調査期間      平成31年3月1日(金)~令和元年5月31日(金)
• 調査方法      応募はがきによる自記式調査
• 調査地域      全国
• 調査対象      上記調査期間中に、全優石認定店で墓石をご契約の方                     
• 有効回収数   2,157サンプル(前年2,437サンプル)

 ※調査結果の詳細をご希望の方は、全優石事務局にご連絡ください。
TEL:03-5423-4014 / E-Mail:zenyuseki@triton.ocn.ne.jp

※ニュースリリース本紙は、下記よりご覧いただけます。
https://prtimes.jp/a/?f=d27649-20190730-2829.pdf
 

  •   全国優良石材店の会(全優石)について

全優石は、全国の優良石材店約300社で組織されている墓石業の専門店グループです。消費者が一生に一度のお墓づくりの際に「安心して頼める店づくり」を目途に、1983年に創設されました。以来、お墓づくりを「心の福祉産業」として、供養の心とお墓を大切にする“お墓大切社会”をめざし、さまざまな活動を展開しています。一般の消費者に向けては、お客様のお墓を石材店と全優石がダブルでお守りする全国で唯一の『ダブル保証書』発行や、『お墓講座』の開催、お墓に関するご相談(建墓、改葬、墓じまい、空き墓地情報等)をお受けするフリーダイヤルサービスなどを行っております。また、社会的課題への取組みとして、会員石材店を通じた「みどりの募金活動」、2011年12月からは、東日本大震災による津波のおそろしさと教訓を残すための石碑「津波記憶石」を、被災地の想いを受けて全優石が各自治体に建立寄贈する「津波記憶石プロジェクト」を展開しています。

・全優石ホームページ: http://www.zenyuseki.or.jp/

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-アンケート調査・Q&A, 葬祭ニュース
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.