アンケート調査・Q&A 葬祭ニュース

7割以上が初盆までに仏壇を購入している、購入予算を60万円以内で考えている方の4割以上がその金額を超えている、「終活ねっと」が「仏壇」に関する実態調査を実施

投稿日:2019年6月26日 更新日:

DMM.com
DMM.com(本社:東京都港区 、会長 兼 CEO 亀山敬司、https://www.dmm.com/ 以下DMM)のグループ会社、終活ねっと(本社:東京都渋谷区、代表取締役 岩崎 翔太、以下終活ねっと)は、2019年4月12日~2019年4月16日にかけて、全国 20代以上の男女に対し「仏壇」に関する実態調査を実施し、調査結果をまとめました。

【調査実施概要】
調査方法:インターネットによる調査(調査委託先:マクロミル)
有効回答数:全体調査10,000名、そのうち仏壇購入経験者への調査618名
調査期間:2019年4月12日~4月16日
調査対象:全体調査(全国/20代以上の男女)、仏壇購入経験者への調査(全国/40代以上の男女)

==============================================
■アンケート調査結果サマリー
・仏壇の購入経験は、50代未満では10%未満だが、50代を過ぎると男女ともに倍増している
・仏壇の購入時期は、7割以上が初盆までに購入している
・仏壇を購入する際、8割以上が従来通りの仏壇仏具専門店の実店舗を選択している
・仏壇の購入にかけた費用が60万円未満だった方は7割以上である
・購入率の高いミニ仏壇は20万円未満の価格帯での購入がもっとも多く、同じく購入率の高い唐木仏壇・モダン仏壇は20万円以上~40万円未満の価格帯での購入が多い
・仏壇を購入する費用を60万円未満で考えている方の4割以上は、その予算をオーバーしている
==============================================

  • 仏壇の購入経験は、50代未満では10%未満だが、50代を過ぎると男女ともに倍増している

故人を想い、仏壇で手を合わせた経験を皆さん一度はあるかと思いますが、実際にご家庭で仏壇購入を経験した方はどれほどいて、どちらで購入し、またどれくらいの費用がかかったのでしょうか?

はじめに「仏壇の購入経験はありますか?」という質問をしたところ、「購入したことがある」が全体の12.8%、「購入したことがない」が全体の87.2%となり、およそ9割の方が仏壇を購入したことがないことが分かりました。
また男女別で見ると、男性で「購入したことがある」が13.4%、女性で「購入したことがある」が12.1%となり、男性の購入経験が女性より多いことが分かりました。
なお世代別に見ると、50歳未満の人で「購入したことがある」と回答した人の割合は10%未満ですが、50歳以上の人で「購入したことがある」と回答した人の割合は平均で22.1%となり、2倍以上の方が仏壇を購入していることが分かりました。
年齢とともに仏壇の購入をする機会が増えることを、改めて認識できた結果となりました。

  • 仏壇の購入時期は、7割以上が初盆までに購入している

次に、「仏壇を購入した時期はいつでしたか?」という質問をしたところ、「葬儀後の四十九日まで」という回答が58.6%で最も多いという結果になりました。それに次いで「家を引っ越したり新築したりするとき」と回答した方が15.0%、「故人の生前」が9.2%、「初盆」が7.0%となり、7割以上の方が初盆までに仏壇を購入している結果となりました。
こちらも現状の仏壇の購入時期は、まだまだ従来の慣習に従っていることが分かる結果となりました。

  • 仏壇を購入する際、8割以上が従来通りの仏壇仏具専門店の実店舗を選択している

ほとんどの人が初盆までに仏壇を購入しているという結果となりましたが、皆さんどちらで購入したのでしょうか?
「仏壇はどちらで購入しましたか?」という質問をしたところ、「仏壇仏具専門店の実店舗」という回答が86.9%と圧倒的に多い結果になりました。次いで「仏壇仏具専門店の通販サイト」と回答した方が6.6%、「専門店以外の通販サイト」と回答した方が2.8%という結果となりました。
こちらも現状の仏壇の購入先は、まだまだ従来の選択が多いことが分かる結果となりました。

  • 仏壇の購入にかけた費用が60万円未満だった方は7割以上である

続いて、実際に直近で仏壇の購入を行った方へ向け、「仏壇にかけた費用はいくらですか?」と聞いてみました。
最も多かった回答は「20万円未満」で32.7%でした。続いて「20万円以上~40万円未満」が27.0%、「40万円以上~60万円未満」が14.7%、「60万円以上~80万円未満」が11.5%という結果となりました。購入費用60万円未満の方が7割以上を占めているということが分かりました。

  • 購入率の高いミニ仏壇は20万円未満の価格帯での購入がもっとも多く、同じく購入率の高い唐木仏壇・モダン仏壇は20万円以上~40万円未満の価格帯での購入が多い

では、皆さんどのようなものを購入したのでしょうか。
実際に直近で仏壇の購入を行った方へ向け、「仏壇はどのようなものを購入しましたか?」と聞いてみました。
最も多かった回答は「上置き型のミニ仏壇」で30.4%でした。続いて「台付きの唐木仏壇」が29.3%、「台付きの家具調・モダン仏壇」が23.6%、「台付きの金仏壇」が14.2%という結果となりました。
ミニ仏壇・モダン仏壇・唐木仏壇と幅広いニーズがあることが分かりました。

また実際に仏壇を購入する際にかかる費用が、仏壇の種類別でどれくらい違いがあるのかを調べてみました。
上置き型のミニ仏壇の場合、最も多かった回答は「20万円未満」で69.7%でした。続いて「20万円以上~40万円未満」が20.2%、「40万円以上~60万円未満」が6.9%、「60万円以上~80万円未満」が2.7%という結果となりました。
ミニ仏壇を購入した人のうち、9割近くの方が40万円未満で購入していることが分かりました。

続いて台付きの唐木仏壇の場合、最も多かった回答は「20万円以上~40万円未満」で25.4%でした。続いて「40万円以上~60万円未満」が20.4%、「60万円以上~80万円未満」が18.8%、「20万円未満」が14.9%という結果となりました。
唐木仏壇では、8割近くの方が80万円未満で購入していることが分かりました。

さらに台付きの家具調・モダン仏壇の場合、最も多かった回答は「20万円以上~40万円未満」で39.0%でした。続いて「20万円未満」が22.6%、「40万円以上~60万円未満」が18.5%、「60万円以上~80万円未満」が11.0%という結果となりました。
モダン仏壇では、8割近くの方が60万円未満で購入していることが分かりました。
金仏壇・唐木仏壇・モダン仏壇では、特に費用差が大きく見られることが分かる結果となりました。

  • 仏壇を購入する費用を60万円未満で考えている方の4割以上は、その予算をオーバーしている

こちらを調査するに当たりまず、「仏壇を購入する場合どのくらいの費用をかけたいか?」、聞いてみました。
すると「20万円未満」と回答した方が63.5%、続いて「20万円以上~40万円未満」と回答した方が17.8%、「40万円以上~60万円未満」と回答した方が10.0%と、「60万円未満」で考えている人が9割以上いる結果となりました。これは男女別で見ても、差は見受けられませんでした。

続いて実際に仏壇を購入するのにかかる費用が、希望する金額とどれくらい違いがあるのかを調べるために、「仏壇を購入する場合、どのくらいの費用をかけたいか」という質問への回答者別に、実際にどれくらい費用がかかったのかを聞いてみました。
希望予算を「20万円未満」としていた人のうち、実際にかかった費用が「20万円未満」と回答した人は51.4%となり、予算内に収まっている方も多かったのですが、残りの5割近くの方が希望予算をオーバーしていることが分かりました。
次に希望予算を「20万円以上~40万円未満」としていた人のうち、実際にかかった費用が「20万円未満」と回答した人が18.1%、「20万円以上~40万円未満」と回答した人が44.9%となり、合計58.0%の人が予算以内で仏壇の購入ができていることが分かりました。
そして残りの42.0%の人が希望予算をオーバーしていることも分かりました。
さらに希望予算を「40万円以上~640万円未満」としていた人のうち、実際にかかった費用が「20万円未満」と回答した人が9.6%、「20万円以上~40万円未満」と回答した人が22.9%、「40万円以上~60万円未満」と回答した人が27.7%となり、合計60.2%の人が予算以内で仏壇の購入ができていることが分かりました。
そして残りの39.8%の人が希望予算をオーバーしていることも分かりました。
仏壇の購入費用を「60万円未満」で考えている人が9割以上いるにも関わらず、その予算を超えている方が4割以上いることが分かる結果となりました。

■葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト「終活ねっと」

今回の調査から、仏壇の購入費用は、ご自身が考えている費用よりも多くかかるケースが見受けられることが分かりました。

「終活ねっと」は、「一人ひとりの終活に寄り添う」という目標を掲げ、「終活に関する全ての悩みを解決するサイト」を目指しています。葬儀・お墓・仏壇・相続・介護・保険・年金・老後の生活など、様々な疑問や悩みを解決できるように様々な記事を掲載しておりますので、ぜひ参考になさってください。
終活ねっとURL: https://syukatsulabo.jp/article

なお、終活ねっとでは、さらに詳しいアンケート調査結果をまとめております。
引き続き終活にまつわるアンケート調査の結果を随時発信していきますので、ぜひご活用ください。
アンケート調査結果URL: https://syukatsulabo.jp/article/12749

<参考>「お葬式」に関する実態調査を実施
https://dmm-corp.com/press/press-release/25974
<参考>「お坊さん」に関する実態調査を実施
https://dmm-corp.com/press/press-release/26215
<参考>「お墓」に関する実態調査を実施
https://dmm-corp.com/press/press-release/26275

終活ねっとは、今後もライフエンディングに関わる多様なサービスを展開し、利用者の方が安らかな人生を過ごされることをお手伝いしていきます。

本件へのお問い合わせは下記まで

【リリースとご取材に関するお問い合わせ】
DMM.com  広報部
〒106-6224 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー24F
TEL:03-5797-8926(連絡可能時間帯:平日10:00~19:00)
E-MAIL:release-dmm@dmm.com
リリース:https://dmm-corp.com/press/

【サービスに関するお問い合わせ】
終活ねっと
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル3号館734号室
TEL:03-5797-7593(連絡可能時間帯:平日10:00~19:00)
E-MAIL:info@syukatsu-net.co.jp

PR TIMESより転載

  • この記事を書いた人
葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん) 編集部

葬研(そうけん)編集部のメンバーが“価値ある葬儀施行を求める葬儀社のみかた”をコンセプトに、商材・サービス・動向等をお届けしていきます。

編集部では、加熱する市場に対する興味から業界・企業分析をおこなう者、身内の遺品整理で興味を抱いたきっかけで葬儀のニュース収集をおこなう者、情報の非対称性に疑問を抱いたきっかけから企業の比較をおこなう者等の葬儀に関連するメンバーが結集して作り上げています。

"ないものをつくる作業"が大半です。

記事には加筆・修正もあるかと思いますが、温かい目でみてもらえると幸いです。

注目記事

1

「葬祭業」と「葬儀業」は意味に違いがある? 本講座でも「葬祭業」「葬儀業」が混在している。 同義語だからだ。 Wikipediaでは「葬祭業」を 葬祭業(そうさいぎょう)は、葬儀や祭事の執行を請け負う ...

2

「供養業界」という言い方 いつからか、そんな昔ではなく、2004(平成16)年以降であろうが、葬儀業、墓石霊園業、仏壇仏具業等を「供養業界」という言葉で括られることが多くなった。 もっとも世間で一般化 ...

碑文谷創の葬送基礎講座13 3

「僧侶手配」という事業 「僧侶手配」という名称こそ新しい。しかも「お坊さん便」以降はネット系葬儀斡旋事業者がこぞって類似の表現をするようになった。 しかし「僧侶手配という事業」は、首都圏ではすでに30 ...

-アンケート調査・Q&A, 葬祭ニュース
-, , , , , ,

Copyright© 葬研(そうけん) , 2019 All Rights Reserved.